ニュース

2021.10.09
トップチーム

あんちゃんレポート(10/6~10/9)

オフ明けの10月6日(火)、この日は珍しく週の立ち上げにミーティングが行われました。

 

 

曺監督から冒頭に「残り10試合、何が大切だと思う?」と選手たちに問いかけました。

それは曺監督自身への問いかけでもありました。優勝や昇格が目標というのはもちろんのことですが、ここに来た時、最初に選手たちへ話したことは優勝や昇格ではなく、

 

 

”京都サンガF.C.を明らかに変えたい” でした。

 

 

ここまでチームはすばらしい変化を見せながら、成長してきました。そして残り10試合となった今、勝利へのプレッシャーが重くのしかかる状況を自分たちの手でつくり上げることができています。しかし、そのことによって生まれる慎重さで自分たちの良さをなくすのはやめようと、選手たちに伝えました。

 

”もっと本気になること”

”守りに入っちゃだめだ”

”コントロールできないことにパワーを割くのではなく、日々の練習、やれることにエネルギーを注ごう”

”自信と謙虚を両立しよう”

”ここまでやってきたことを崩さずに、さらにチャレンジしよう”

 

1月の立ち上げから選手たちに求めてきた姿勢は、今も変わらないと思います。10月2日(土)第32節のV・ファーレン長崎戦での悔しい敗戦を糧に、前向きな変化がみられるのではないかと感じたミーティングでした。

 

 

その日のゲーム形式のトレーニングを一言で表現すると“バチバチの試合”で、3秒もボールを持てば囲まれる展開に、選手たちの熱量を感じました。

 

 

続く10月7日(木)のトレーニングも非常に強度が高く、自分たちの武器を磨いていくようなメニューに、ここからさらに成長していくんだという意気込みが表れていました。

 

 

10月8日(金)は、強度をコントロールし、シュート練習が中心のメニューで、非常に明るい雰囲気の中で行われました。前日と前々日のバチバチの雰囲気とは対照的なメリハリのある姿に、チームの活気を感じました。

 

 

選手がやれることというのは、シンプルだと思います。それは目の前のトレーニングに全力で向き合うこと、その積み重ね以外に自分やチームを高める術はないように思います。

 

 

過去から学び、今に向き合い、未来を作っていく。そんな単純なことの大事さを選手たちの姿から改めて感じました。

 

 

明日・10月10日(日)のホームでの第33節SC相模原戦も間違いなく難しい相手ですが、サンガにとっては自分たちとの戦いでもあります。自分たちはどうありたいのか?何を目指しているのか?そんな意志がプレーの節々から感じられるような気がします。観客動員数の制限も再び1万人になるということで、より多くの方々の後押しが選手に力を与えてくれるでしょう。最高のスタジアム、最高の雰囲気の中で相模原に勝ち、己に打ち勝つ!躍動する選手たちに期待しましょう!!ではまた^^

 

■あんちゃんレポート<バックナンバー>

●No.11/26)>>

●No.2(1/27)>>

●No.3(1/28)>>

●No.4(1/29)>>

●No.5(1/30)>>

●No.6(1/31) >>

●No.7(2/1)>>

●No.8(2/2)>>

●No.9(2/3)>>

●No.10(2/4)>>

●No.11(2/5)>>

●No.12(2/6)>>

●No.13(2/11~2/13)>>

●No.14(2/14)>>

●No.15(2/16~2/21)>>

●No.16(2/23~2/27)>>

●No.17(3/1~3/6)>>

●No.18(3/7)>>

●No.19(3/9~3/12)>>

●No.20(3/13~3/20)>>

●No.21(3/21)>>

●No.22(3/23~3/27)>>

●No.23(3/31~4/3)>>

●No.24(4/4)>>

●No.25(4/7~4/10)>>

●No.26(4/13~4/16)>>

●No.27(4/17)>>

●No.28(4/19~4/24)>>

●No.29(4/26~4/30)>>

●No.30(5/1)>>

●No.31(5/3~5/8)>>

●No.32(5/9)>>

●No.33(5/12~5/15)>>

●No.34(5/16)>>

●No.35(5/19~5/22)>>

●No.36(5/23~5/29)>>

●No.37(5/30)>>

●No.38(5/31~6/5)>>

●No.39(6/6~6/9)>>

●No.40(6/10~6/12)>>

●No.41(6/13)>>

●No.42(6/16~6/18)>>

●No.43(6/22~6/25)>>

●No.44(6/26)>>

●No.45(6/29~7/2)>>

●No.46(7/3)>>

●No.47(7/5~7/10)>>

●No.48(7/14~7/16)>>

●No.49(7/17)>>

●No.50(7/24~8/8)>>

●No.51(8/9)>>

●No.52(8/10~8/13)>>

●No.53(8/18)>>

●No.54(8/15~8/21)>>

●No.55(8/22~8/27)>>

●No.56(8/28)>>

●No.57(8/29~9/3)>>

●No.58(9/4~9/10)>>

●No.59(9/11)>>

●No.60(9/12~9/17)>>

●No.61(9/19~9/24)>>

●No.62(9/25)>>

●No.63(9/27~10/1)>>

■ライター(あんちゃん)紹介

京都サンガF.C.ブランドアンバサダー 安藤淳(あんどう・じゅん)

 

 

[プロフィール]

関西大学卒業後の2007シーズン、サンガに加入。2011シーズンの天皇杯は5試合に出場し、準優勝に貢献。2013シーズンまでサンガに在籍し、その後、セレッソ大阪、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2019シーズンにサンガに復帰し、2020シーズンは主将としてチームを牽引。ケガのため、2020シーズンを持って現役引退。

生年月日:1984年10月8日

出身地:滋賀県

☆オフィシャルTwitterでは、動画を投稿中!話題の 「#現場の安藤からです」はこちらから>>

 

この記事をシェアする