ニュース

2021.07.03
トップチーム

あんちゃんレポート(7/3)

本日・7月3日(土)の第21節V・ファーレン長崎戦では、たくさんの声援ありがとうございました。結果は0-2でサッカーの厳しさを知った敗戦となりました。それではさっそく振り返っていきましょう。

 

 

立ち上がりから、サンガらしい推進力と圧力でアグレッシブなサッカーを展開しました。前半12分の右サイドから良い連携を見せ、最後はヨルディ・バイス選手がシュートを放ったシーンがありましたが、トレーニングでも見せていた選手の意思が共有され、ノッキングすることなくスムーズかつスピーディーにパスが繋がる素晴らしいシーンでした。

 

 

さらに前半15分には、相手から奪ったボールを川﨑颯太選手がダイレクトで宮吉拓実選手に送り、シュートまでいったシーンも前への意思が表れていた印象的なシーンでした。

 

 

しかし一瞬の隙から前半22分に失点します。サンガボールになるかと思われたルーズボールを相手FWに収められたことによって隙が生まれ、ゴール前の対応が後手にまわり、最後はフリーでシュートを決められてしまいしました。ルーズボール、スローイン、フリーキックのリスタートなど一瞬プレーが止まる時はボールウォッチャーになりやすく、状況把握が遅れたりできなくなるものです。ゴール前の人数は足りていましたがフリーになっていたのは、そういった隙が出来たのではないかと感じています。続く後半11分も、結果的に相手にプレゼントするような形にも見えましたが、1点目と同じ形だと思っています。サイドで相手FWのフィジカルでボールを収められ、そこから低いクロスをゴール前に通されましたが、本来のサンガの選手たちのパフォーマンスであれば、また違った対応ができたように感じます。スローインからのキープでプレーが少し止まったことで、どこか集中力を欠いたのかなと思わせる場面でした。ボールが止まった時ほど集中力を持つことは、知識や技術として持っておくべき要素だと思います。だからこそボールが切れたり止まったりするときに、自分に言い利かせるように周りを鼓舞することは重要なのです。

 

 

さらに今日は、ボールを獲り切れないシーンも多かったように思います。しかし、このことが今日の1番の収穫ではないかと感じています。長崎の選手はフィジカルや技術に長けた選手がいましたよね。フィジカルで勝てない選手にどう対応するのか?相手が嫌がることは何なのか?サンガが目指すことから逆算してやるべきことは何なのか?通用しなかったことに目を向けるのは、悲観的なことに感じるかもしれませんが、チームとしての幹があるサンガの選手たちは、既にこれからどうすべきかを整理できているのではないでしょうか。

 

 

今日の試合内容は修正すべき場面もありましたが、チームとしていつも通りアグレッシブな姿勢で多くのチャンスも作り出しました。下を向く内容ではないですし、私はむしろ期待感が高まっています。リーグ戦前期の最後の試合で「まだまだやることがあるよ」と結果で教えられた今日の試合。前回負けた試合を覚えていますか?第5節のアウェイでのブラウブリッツ秋田戦です。その後のチームの成長ぶりは、皆さんも知っての通りだと思います。今日の敗戦は必ずチームの活力になるでしょう。

 

 

次の試合は、7月7日(水)の天皇杯3回戦の柏レイソル戦です。敗戦後の試合は、自分たちを見つめ直し成長させてくれる大事な試合です。連戦や大会が違うとかは関係なく、チームとしてどんな姿勢を見えてくれるのか楽しみにしています、私も皆さんと共に、今後の京都サンガF.C.のさらなる成長に期待しています!ではまた^^

■あんちゃんレポート<バックナンバー>

●No.11/26)>>

●No.2(1/27)>>

●No.3(1/28)>>

●No.4(1/29)>>

●No.5(1/30)>>

●No.6(1/31) >>

●No.7(2/1)>>

●No.8(2/2)>>

●No.9(2/3)>>

●No.10(2/4)>>

●No.11(2/5)>>

●No.12(2/6)>>

●No.13(2/11~2/13)>>

●No.14(2/14)>>

●No.15(2/16~2/21)>>

●No.16(2/23~2/27)>>

●No.17(3/1~3/6)>>

●No.18(3/7)>>

●No.19(3/9~3/12)>>

●No.20(3/13~3/20)>>

●No.21(3/21)>>

●No.22(3/23~3/27)>>

●No.23(3/31~4/3)>>

●No.24(4/4)>>

●No.25(4/7~4/10)>>

●No.26(4/13~4/16)>>

●No.27(4/17)>>

●No.28(4/19~4/24)>>

●No.29(4/26~4/30)>>

●No.30(5/1)>>

●No.31(5/3~5/8)>>

●No.32(5/9)>>

●No.33(5/12~5/15)>>

●No.34(5/16)>>

●No.35(5/19~5/22)>>

●No.36(5/23~5/29)>>

●No.37(5/30)>>

●No.38(5/31~6/5)>>

●No.39(6/6~6/9)>>

●No.40(6/10~6/12)>>

●No.41(6/13)>>

●No.42(6/16~6/18)>>

●No.43(6/22~6/25)>>

●No.44(6/26)>>

●No.45(6/29~7/2)>>

■ライター(あんちゃん)紹介

京都サンガF.C.ブランドアンバサダー 安藤淳(あんどう・じゅん)

 

 

[プロフィール]

関西大学卒業後の2007シーズン、サンガに加入。2011シーズンの天皇杯は5試合に出場し、準優勝に貢献。2013シーズンまでサンガに在籍し、その後、セレッソ大阪、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2019シーズンにサンガに復帰し、2020シーズンは主将としてチームを牽引。ケガのため、2020シーズンを持って現役引退。

生年月日:1984年10月8日

出身地:滋賀県

☆オフィシャルTwitterでは、動画を投稿中!話題の 「#現場の安藤からです」はこちらから>>

 

この記事をシェアする