ニュース

2021.05.09
トップチーム

あんちゃんレポート(5/9)

 

5月9日(日)第13節モンテディオ山形戦への応援ありがとうございました!非常にタフなゲームを勝ち切りましたね。前半は、京都サンガF.C.の圧力で山形を押し込むシーンを多く作りだしましたね。そして得点シーンは、複数の選手が絡む美しい形でゴールが生まれました。個人的には、ラストパスを出した武田将平選手の視野の広さと、パスまでの流れに興奮しました!今シーズンの武田選手のプレーを見ていると、ゴール前で非常に落ち着いて的確な判断ができる選手ですね。攻撃センスを感じます。

 

 

エンドが変わって後半は、我慢の時間が多かったですね。しかし、チーム全員で相手の攻撃を跳ね返す姿は、熱くなるものがありました。苦しんだ時ほど一体感というものは生まれるように感じます。「お互いがカバーする」、「声で励まし合う」、「途中交代で入った選手が苦しい時間帯に助けてくれる」というような言葉で言うのはすごく簡単な事ですが、プレーで表現するのは簡単なことではありません。サンガにとって素晴らしい90分間とは言えませんが、今日の勝ち方は、終了のホイッスルが鳴った瞬間に叫びたくなるような素晴らしい勝ち方だったと思います。

 

 

そして、この試合で嬉しかったことは、なんといっても荒木大吾選手が、京都サンガF.C.での初ゴールを挙げたことですね!昨年1年間共にプレーしましたが、髪の色こそド派手ですが、負けん気の強い性格とサッカーに誠実な姿は、必ずチームの活力になると感じていました。責任感も強いので、得点という形で結果を残せていないもどかしさを感じていたのではないでしょうか。決勝ゴールという形で、荒木選手に光が当たったことを嬉しく思います。

サンガには貴重な1人で状況を打開することが出来るドリブラーの荒木選手。これからさらにサンガの攻撃力に厚みを持たしてくれるでしょう。

 

 

現在サンガは2つの戦い方を展開しているように見えます。

 

‟アグレッシブなプレーで相手を攻守で圧倒する。”

‟チーム全員で団結を見せ、苦しい時間を跳ね返す。”

 

2つは違う戦い方ですが、根本的なところは共通していて、選手たちが“自立、自覚、協力”を示し、チームとしてブレずに戦いに臨んでいるから、選手たちが躍動する展開を多く作り出すことができ、苦しい展開でもチーム内がバラバラには見えず、一体感を高めて勝点に繋げています。

 

 

今日の山形戦は、次戦5月16日(日)第14節水戸ホーリーホック戦に向けて大きなエネルギーを獲得した試合になったのではないでしょうか!ではまた^^

 

■あんちゃんレポート<バックナンバー>

●No.11/26)>>

●No.2(1/27)>>

●No.3(1/28)>>

●No.4(1/29)>>

●No.5(1/30)>>

●No.6(1/31) >>

●No.7(2/1)>>

●No.8(2/2)>>

●No.9(2/3)>>

●No.10(2/4)>>

●No.11(2/5)>>

●No.12(2/6)>>

●No.13(2/11~2/13)>>

●No.14(2/14)>>

●No.15(2/16~2/21)>>

●No.16(2/23~2/27)>>

●No.17(3/1~3/6)>>

●No.18(3/7)>>

●No.19(3/9~3/12)>>

●No.20(3/13~3/20)>>

●No.21(3/21)>>

●No.22(3/23~3/27)>>

●No.23(3/31~4/3)>>

●No.24(4/4)>>

●No.25(4/7~4/10)>>

●No.26(4/13~4/16)>>

●No.27(4/17)>>

●No.28(4/19~4/24)>>

●No.29(4/26~4/30)>>

●No.30(5/1)>>

●No.31(5/3~5/8)>>

■ライター(あんちゃん)紹介

京都サンガF.C.ブランドアンバサダー 安藤淳(あんどう・じゅん)

 

 

[プロフィール]

関西大学卒業後の2007シーズン、サンガに加入。2011シーズンの天皇杯は5試合に出場し、準優勝に貢献。2013シーズンまでサンガに在籍し、その後、セレッソ大阪、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2019シーズンにサンガに復帰し、2020シーズンは主将としてチームを牽引。ケガのため、2020シーズンを持って現役引退。

生年月日:1984年10月8日

出身地:滋賀県

☆オフィシャルTwitterでは、動画を投稿中!話題の 「#現場の安藤からです」はこちらから>>

 

この記事をシェアする