ニュース

2021.08.28
トップチーム

あんちゃんレポート(8/28)

8月28日(土)のホームでの第27節・東京ヴェルディ戦、結果は3-1!そして今シーズン初の逆転勝利と、力を示した試合となりました。さっそく試合を振り返っていきましょう。

 

 

前半の立ち上がりは、お互いに前線からのハイプレスを見せ、どちらが主導権をとるのかという展開でした。東京Vは徹底したサイド(白井康介選手と荻原拓也選手)の裏のスペース狙いで、両ウイングがタッチライン沿いにポジションをとり、チームとして縦への狙いをもってプレーしていました。この試合を通して両アクセルの激しいポジション取りと、1対1の勝負は見ものでした。特に白井康介選手の活躍は、光るものがありましたね。攻撃では幾度となく縦への推進力でゴール前にクロスを上げ、守備では激しいDFで対面の選手にほとんど仕事をさせませんでした。今シーズン、なかなか先発での出場に恵まれなかったものの、トレーニングや天皇杯で見せていた力を間違いなくこの試合で示したと思います。

 

 

試合は主導権争いの中で押し込む展開もつくっていましたが、スローインから一瞬の隙をつかれ、カウンターでゴールネットを揺らされました。一瞬の判断の誤りや寄せの甘さが失点に繋がったように思います。ただ失点してもサンガの温度は下がらずに、多くのシュートチャンスをつくって、得点まであと一歩のところまで迫っていました。前半は両チームとも強度の高いプレーで、非常に見応えのある内容だったように感じます。

 

 

ただ後半は、その強度の差が勝負を分けましたね。後半スタートから入ったイスマイラ選手が、前線からの猛烈なプレスで完全にサンガに流れを引き寄せました。そして、サンガは55分の選手交代でさらに東京Vを飲み込みました。代わって入った荒木大吾選手の3度追いで、ボールを奪い、カウンター、最後はピーター・ウタカ選手のゴラッソで同点に追いつきます。ウタカ選手の決定力はもう笑うしかないですね、スーパーです。

 

 

でも私はもっと光って見えたのは、荒木選手です。前節・水戸戦で見せた素晴らしいプレーに引き続き、今日もアシストともいえる素晴らしい3度追いで得点を演出しました。荒木選手といえばドリブルからのシュートが代名詞の、攻撃で違いを生むプレーヤーですが、ここ最近は守備でも攻撃を生むプレーヤーに変わりつつあるように思います。何か成長の瞬間を見られたような感覚で、今日の試合の中でも印象的なシーンでした。ただ本人は決して満足していないと思います。

 

 

その後、なかなか取れていなかったセットプレーからヨルディ・バイス選手の得点が生まれ、さらにイスマイラ選手のゴールで突き放しました。3得点が生まれた11分間はサンガが1人多く感じるような強度を見せ、完全に東京Vを圧倒しましたね。この時間にサンガスタイルがもっとも躍動したように思います。その後、東京Vにボールを持たれる時間もあり、ピンチもありましたが、強固な組織力で勝ち切り、今シーズン、リーグ戦初の逆転勝利を収めました。

 

 

試合はぶつかり合った前半、強度が落ちずに選手交代でさらにギアを上げ、差をつけた後半。そんな内容だと感じています。チームとしてのベースの高さと戦況を変えられるバリエーションの豊富さを見せたサンガ。そして逆境に打ち勝つマインドを結果で証明しました。今日の1戦でまたチームは1歩前へ成長したのではないでしょうか!毎試合、本当に楽しませてくれるチームに感謝です。ではまた^^

 

■あんちゃんレポート<バックナンバー>

●No.11/26)>>

●No.2(1/27)>>

●No.3(1/28)>>

●No.4(1/29)>>

●No.5(1/30)>>

●No.6(1/31) >>

●No.7(2/1)>>

●No.8(2/2)>>

●No.9(2/3)>>

●No.10(2/4)>>

●No.11(2/5)>>

●No.12(2/6)>>

●No.13(2/11~2/13)>>

●No.14(2/14)>>

●No.15(2/16~2/21)>>

●No.16(2/23~2/27)>>

●No.17(3/1~3/6)>>

●No.18(3/7)>>

●No.19(3/9~3/12)>>

●No.20(3/13~3/20)>>

●No.21(3/21)>>

●No.22(3/23~3/27)>>

●No.23(3/31~4/3)>>

●No.24(4/4)>>

●No.25(4/7~4/10)>>

●No.26(4/13~4/16)>>

●No.27(4/17)>>

●No.28(4/19~4/24)>>

●No.29(4/26~4/30)>>

●No.30(5/1)>>

●No.31(5/3~5/8)>>

●No.32(5/9)>>

●No.33(5/12~5/15)>>

●No.34(5/16)>>

●No.35(5/19~5/22)>>

●No.36(5/23~5/29)>>

●No.37(5/30)>>

●No.38(5/31~6/5)>>

●No.39(6/6~6/9)>>

●No.40(6/10~6/12)>>

●No.41(6/13)>>

●No.42(6/16~6/18)>>

●No.43(6/22~6/25)>>

●No.44(6/26)>>

●No.45(6/29~7/2)>>

●No.46(7/3)>>

●No.47(7/5~7/10)>>

●No.48(7/14~7/16)>>

●No.49(7/17)>>

●No.50(7/24~8/8)>>

●No.51(8/9)>>

●No.52(8/10~8/13)>>

●No.53(8/18)>>

●No.54(8/15~8/21)>>

●No.55(8/22~8/27)>>

■ライター(あんちゃん)紹介

京都サンガF.C.ブランドアンバサダー 安藤淳(あんどう・じゅん)

 

 

[プロフィール]

関西大学卒業後の2007シーズン、サンガに加入。2011シーズンの天皇杯は5試合に出場し、準優勝に貢献。2013シーズンまでサンガに在籍し、その後、セレッソ大阪、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2019シーズンにサンガに復帰し、2020シーズンは主将としてチームを牽引。ケガのため、2020シーズンを持って現役引退。

生年月日:1984年10月8日

出身地:滋賀県

☆オフィシャルTwitterでは、動画を投稿中!話題の 「#現場の安藤からです」はこちらから>>

 

この記事をシェアする