ニュース

2022.04.13
クラブ

曺 貴裁監督新型コロナウイルス感染症陽性判定のお知らせ

本日、曺 貴裁監督が新型コロナウイルス感染症のPCR検査にて陽性判定を受けましたのでお知らせいたします。

 

経緯としては、4月11日(月)午後に鼻水の症状により、同日・夕方に新型コロナウイルス感染症PCR検査を受け、陰性判定となりました。翌日・4月12日(火)も朝から鼻水と発熱(37.3℃)があったため自宅待機としており、本日・4月13日(水)の朝は平熱(36.3℃)に戻り、症状は改善しましたが、念のため再度、新型コロナウイルス感染症PCR検査を受けましたところ、陽性判定を受けました。

 


そのため、本日開催の「JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第4節北海道コンサドーレ札幌」戦につきましては、ベンチ入り選手およびチームスタッフ全員がJリーグスクリーニング検査を受け、陰性判定を受けたメンバーのみで試合を行います。また本日の試合の指揮は、杉山 弘一コーチが行います。
尚、曺監督は、適切な指導及び対策の下、療養しております。また、Jリーグ独自の基準による濃厚接触疑い者につきましては、弊クラブ内には該当者はおりませんので、併せてご報告をいたします。

 

 

弊クラブでは、全選手、全クラブスタッフを対象に毎日の検温と健康状態の確認や継続的に行っている新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組みをさらに強化してまいります。また、ファン・サポーターの皆様、お取引先様、選手及びクラブスタッフならびにそのご家族、その他クラブに関係する皆様の健康維持を最優先に考え、引き続き、政府や京都府、Jリーグの方針およびガイドラインに基づき、新型コロナウイルス感染症対策に努めてまいります。

この記事をシェアする