ニュース

2021.02.27
トップチーム

あんちゃんレポート(2/23~2/27)

いよいよ2021シーズンのJリーグが開幕しましたね!選手時代は新品の洋服に袖を通すようなワクワク感と新鮮な気待ちで開幕戦を迎えていたことを思い出します。皆さんはどんな気持ちで今日を迎えていますか?今の京都サンガF.C.に取り巻くプラスのエネルギーがどんどん大きくなり、今年のJ2リーグの主役を飾れるようなシーズンにみんなでしましょう!

そして我々、京都サンガF.C.は明日2月28日(日)、アウェイ(相模原ギオンスタジアム)でSC相模原との開幕戦です。いよいよ新生サンガがベールを脱ぎますね!

 

 

今週のトレーニングは、開幕前の特別トレーニングみたいなものはなく、ここまで積み重ねてきたものを継続してトレーニングしていました。選手たちの様子も開幕1週間前だからといって固くなっている様子はなく、メリハリのある雰囲気で非常に高い集中力を感じました。

 

 

2月26日(金)のミーティングではこれからリーグ戦を戦う上での気概をこの言葉で示されました。

 

「あきらめる」

 

あきらめるの語源は「明るむ=明らかにする」だそうです。

「この先、不安な事や失敗は必ずあるけど、想像できないことを考えてもしょうがない、今分かっていることに集中して良い準備を重ねていこう。そうやって今を努力することを積み重ねて、できることを明らかにし、最後に俺たちはやれることはやりきったとあきらめられるチームになろう。」と選手たちに伝えました。

 

 

自分たちに誇りを持ちながら誠実に努力を続け、やりきったとあきらめられる毎日を過ごすことができれば、チームが前進し勝利という結果や昇格という目標に近づくのはないかと感じました。

 

 

明日はどのような戦いを見せてくれるのか、最近私はチームとは何かと考えることがあります。どんなチームが強くて魅力的なのか。考える中で昔ある方が言っていた「秩序のあるカオス」という表現を思い出しました。局面だけを見ると、不規則に動いているように見えるけど、全体を見てみるとアメーバのように形を変え互いを補い合い、強い信頼関係でチームとして戦っている。今のチームからはそんな魅力を感じています。

 

 

京都サンガF.C.のエンブレムを付けた戦士たちが勇敢で魅力的な戦いを見せてくれることに期待しましょう!!ではまた^^

■あんちゃんレポート<バックナンバー>

●No.11/26)>>

●No.2(1/27)>>

●No.3(1/28)>>

●No.4(1/29)>>

●No.5(1/30)>>

●No.6(1/31) >>

●No.7(2/1)>>

●No.8(2/2)>>

●No.9(2/3)>>

●No.10(2/4)>>

●No.11(2/5)>>

●No.12(2/6)>>

●No.13(2/11~2/13)>>

●No.14(2/14)>>

●No.15(2/16~2/21)>>

■ライター(あんちゃん)紹介

京都サンガF.C.ブランドアンバサダー 安藤淳(あんどう・じゅん)

 

 

[プロフィール]

関西大学卒業後の2007シーズン、サンガに加入。2011シーズンの天皇杯は5試合に出場し、準優勝に貢献。2013シーズンまでサンガに在籍し、その後、セレッソ大阪、松本山雅FC、愛媛FCでプレー。2019シーズンにサンガに復帰し、2020シーズンは主将としてチームを牽引。ケガのため、2020シーズンを持って現役引退。

生年月日:1984年10月8日

出身地:滋賀県

☆オフィシャルTwitterでは、動画を投稿中!話題の 「#現場の安藤からです」はこちらから>>

 

この記事をシェアする