ニュース

2008.03.20
トップチーム

2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ Aグループ

【2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ Aグループ】
京都サンガF.C.
・浦和レッズ
・名古屋グランパス
・ヴィッセル神戸

【2008Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会概要】
■主催:財団法人日本サッカー協会/社団法人日本プロサッカーリーグ

■特別協賛:ヤマザキナビスコ株式会社

■大会方式
J1 18クラブが参加
※鹿島アントラーズ、ガンバ大阪はAFCチャンピオンズリーグに出場するため、予選リーグはシードされ、決勝トーナメントからの出場となる。

《予選リーグ》
鹿島アントラーズ、ガンバ大阪を除く16チームを4グループに分け、各グループでホーム&アウェイ方式の総当たりリーグ戦を行う。
Aグループ(4チーム):浦和/名古屋/京都/神戸
Bグループ(4チーム):FC東京/東京V/清水/磐田
Cグループ(4チーム):札幌/千葉/柏/川崎F
Dグループ(4チーム):大宮/横浜FM/新潟/大分
※予選リーグ各グループの組み合わせは、2007年リーグ戦順位をもとに決定。

《決勝トーナメント》
予選リーグ各グループ上位1チーム、2位のうち成績上位の2チームおよび、鹿島アントラーズ、ガンバ大阪(合計8チーム)によりホーム&アウェイ方式のトーナメント戦を行う。(決勝は1試合のみ)

■開催日
《予選リーグ》
第1節:3月20日(木・祝)/第2節:3月23日(日)/第3節:4月16日(水)/
第4節:5月25日(日)/第5節:5月31日(土)/第6節:6月 8日(日)

《決勝トーナメント》
準々決勝:第1戦 7月 2日(水)/第2戦 8月 6日(水)
準決勝:第1戦 9月 3日(水)/第2戦 9月 7日(日)
決勝:11月1日(土)

■試合会場
原則として各クラブのホームスタジアム。決勝は、東京・国立競技場。

■試合方式
《予選リーグ》
[試合方式および勝敗の決定]
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
[勝点]
勝利:3点、引き分け:1点、敗戦:0点
[順位の決定方法]
予選リーグ終了した時点で、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。但し、勝点が同じ場合は以下の順によって順位を決定する。
1.得失点差
2.総得点数
3.当該チーム間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)
4.抽選
[グループ2位の成績上位2チーム決定方法]
決勝トーナメントに進出する2チームは、各グループ2位の4チームの中から、以下の順によって決定する。
1.予選リーグの勝点
2.得失点差
3.総得点数
4.抽選

《決勝トーナメント》
[試合方式および勝敗の決定]
●準々決勝、準決勝(ホーム&アウェイ)
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。各回戦の勝者は2試合の勝利数が多いチームとする。勝利数が同じ場合は、次の順によって決定する。
1.2試合の得失点差
2.2試合におけるアウェイゴール数
3.第2戦終了時に30分間(前後半各15分)の延長戦※延長戦ではアウェイゴールルールは適用されない。
4.PK方式
●決勝(1試合)
90分間(前後半各45分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は30分間(前後半各15分)の延長戦を行う。それでも勝敗が決しない場合はPK方式によって決定する。

■試合エントリー
1チーム18名以内(外国籍選手は3名まで)

■選手交代
試合中の選手の交代は3名以内とする。

■警告の累積
ヤマザキナビスコカップにおいて警告累積が2回に達した場合、同大会の直近の試合が出場停止 となる。
予選リーグの警告の累積は、決勝トーナメントには影響しない。
※ヤマザキナビスコカップの警告の累積は、リーグ戦には影響しない。

■出場資格登録期限
8月29日(金)

■表彰
優勝:賞金1億円、Jリーグカップ(チェアマン杯)、ヤマザキナビスコカップ(スポンサー杯)、メダル
2位:賞金5千万円、楯、メダル
3位:1クラブにつき賞金2千万円、楯

この記事をシェアする