ニュース

2016.03.19
試合情報

【明治安田J2第4節vs長崎プレビュー】ハードワークを身上とした組織的なサッカーをいかに攻略するか

ハードワークを身上とした組織的なサッカーで戦ってくる長崎。昨年の2試合はともに負けている相手は、大幅にメンバーが変わったにもかかわらず、高木監督の掲げるプレッシングサッカーにぶれはありません。水戸、町田、岡山で得た課題をひとつひとつ確認しながらトレーニングを行ってきた一週間。コンパクトな形を維持したまま、チーム全体でオーガナイズされた動きを表現できるかどうかが明日のポイントとなる。

 

「パスコースを限定して、サイドにずらしていって、全員がスライドしてアクションをかけてボールを奪う。」

 

ディフェンスのリーダーである菅沼選手が出場停止。その穴を埋めるのは誰か。今週のトレーニングでは、高橋選手もセンターバックに入り、佐藤選手など中盤のメンバーと会話を交わし、動き方の確認をしてきました。

 

「今までは後手に回ってアクションが遅れていたけど、あまりナーバスにならずに積極的に前に出ていきたい。」

 

裏のスペースを突いてくるJ2特有の攻撃を外から見ていた牟田選手。ラインをどこに設定するのか、アクションにいくのか待つのか。全員で意見をすり合わせながら対応したいと意気込みます。

 

「中途半端が一番怖いので、前の選手が主導権をとるのか、後ろの選手が主導権をとるのか、はっきりさせて間延びする課題に向き合いたい。フォーメーションよりも、周りの選手との関係性が大事だと思う。コンパクトなまま全体で上下動できるのが理想です。」

 

ボールをうまく落ち着かせたり、散らせたり、攻守の起点となってチームに貢献する佐藤選手は、ディフェンス陣との会話を絶やしませんでした。結果が出ていないことへの歯がゆさをにじませながらも、「内容は悪くない」と前を向きます。先制点をとった後、どこまで攻める気持ちを維持して相手に脅威を与えられるか。石丸監督も、メンタリティーの成長を期待しています。

 

「先制点をとったとき、当然のことながら相手は落ち込んでいるわけだから、そこにたたみかけるプレーが欲しい。追加点を狙っていくメンタリティーをもって戦いたい。交代メンバーも充実していきたし、足が止まるんだったらどんどん選手を交代させるなど、僕も勇気をもって采配したい。」

 

常に主導権をもって戦い続ける。先制点をとっても追加点を狙い続ける。交代させることでピッチにメッセージを送り、アクションサッカーを表現していきたい。

この記事をシェアする