ニュース

2015.01.12
トップチーム

「阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ」への出場について




このたび京都サンガF.C.では、1月17日(土)にノエビアスタジアム神戸で開催される「阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ」へ和田昌裕監督、金南一選手、森岡隆三U-18監督が出場いたしますので、お知らせいたします。

 阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ


■開催日時:

2015年1月17日(土)14時キックオフ

■開催場所:

「ノエビアスタジアム神戸」(神戸市営地下鉄 海岸線「御崎公園駅」から徒歩5分)
★アクセス http://www.vissel-kobe.co.jp/stadium/

■対戦カード:

KOBE DREAMS vs.JAPAN STARS

■チケット販売について:

VISSEL TICKETほか、各プレイガイドにて好評発売中です。席種、価格などは、「阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ特設ホームページ」をご参照ください。
http://www.vissel-kobe.co.jp/20th-117/

■テレビ放送:

BSスカパー!(スカパー! BS241/スカパー!プレミアムサービス Ch.805)

■出場メンバー及びコメント

和田昌裕監督 ※KOBE DREAMSコーチ
「震災から20年という節目の年に素晴らしい選手たちが神戸に集まり、このようなチャリティーマッチが開催されることをとても嬉しく思っております。震災のことは私自身も神戸で育った人間として、絶対に忘れてはいけない出来事だと思っていますし、今回のチャリティーマッチを通じて、震災の大きさが改めて皆様に伝わる機会になればと思います。亡くなった方々へのご冥福をお祈りするとともに、このイベントが成功することを心より祈っております。」

金南一(キム ナミル)選手 ※KOBE DREAMS
「今回のチャリティーマッチに出場できることを非常に光栄に思います。私もプレーさせて頂いた神戸で起こった震災のことは決して忘れることはありません。見にきて頂く皆さんに何かを伝えられるようなプレーをお見せしたいと思います。」

森岡隆三U-18監督 ※JAPAN STARS
「チャリティーマッチでは、サッカーというスポーツを通して、神戸の街に少しでも笑顔や勇気を届けられるように、全力でプレーしたいと思います。震災から20年という月日を乗り越えてきた神戸が今後更なる発展を遂げることを心より祈っています。」

この記事をシェアする