ニュース

2014.11.11
トップチーム

セレッソ大阪の豪華メンバーがサンガタウンに☆ SUL2-1で勝利!

 

1110日(月)晴れ。

セレッソ大阪とのステップアップリーグがサンガタウンで行われ、200名を超えるファン・サポーターが観戦。

 

試合は前半27分、杉本健勇選手にボレーで決められ先制を許しますが、後半19分にサンコンが同点弾!

1-1のアディショナルタイム、ラストプレーでサンコンがこの日2点目となるゴールを叩き込み、勝負を決めました。

 

試合中には集まったギャラリーから、ディエゴ フォルラン・カカウ・南野選手など強力な攻撃陣をサンガディフェンス陣が体を張って止めると、「ええぞ!」、「フォルラン止めたで、かっこええやん!」と好プレーに歓声が飛び、サンガ攻撃陣が果敢なドリブルやクロスでゴールに迫るたびに拍手が起こりました。

 

試合後には、途切れない声援を送ってくれたサンガサポーターの皆さんのうれしそうな笑顔が見られ、ギャラリーから「ああ、来てよかったー」と弾む声も!

久々にサンガタウンに現れたソメはファンから名前を呼ばれると両手を高く上げて声援に応えていました。

 

試合後のふれあいロードではセレッソ大阪の豪華メンバーもサインに応え、順番を待ち構えていたファンの皆さんは選手を前にして笑顔いっぱい。

 

試合に出場した選手たちは、それぞれいい経験をしたようです。

 

試合前にフォルラン選手を間近で目にしたゲンキは、選手たちとこんな会話をしていたとか。

「フォルランきたよ。オーラ、すげーよ!」

 

ゲンキは後半に出場し、ファーストプレーでフォルラン選手のシュートを止めると、その後もディフェンス陣と協力し、最後まで集中して得点を許しませんでした。

 

試合後、集まった報道陣に感想を求められると、

「世界で戦ってきた選手だから、どこから打ってくるかわからないと思って集中していた。至近距離からのシュートは止める自信があった。この手で止めた経験は大きな財産になった。ディフェンス陣が体を張ってくれたので、僕だけのプレーじゃない。勝ててうれしい。ミネ様様です」と笑顔でコメントしていました。

 

テソン
ウッチー
ギャラリー
ヨコ
ガーヒー
フォルラン選手のクロスに飛び込む南野選手にボールを触らせなかった
ユウジ
決勝ゴールシーン
ゴール後シーン
サンコン
試合後
試合後、声援に応えるゲンキ

この記事をシェアする