ニュース

2014.09.27
試合情報

【J2第34節vs.横浜FCプレビュー】遂げたい思いをピッチで現す残り9試合。まずはこの一戦を勝ちきる!

前節ホームで迎えた首位湘南との一戦。戦術を変更し挑んだサンガは、11分に先制されながらも、全員が勝利に向けて躍動し、ゲームの主導権を握った。ホームの大声援の後押しに応え、逆転に成功するが、84分にミドルシュートを決められ、悔しいドローとなった。この試合で勝点1を積んだ湘南は、9試合を残し史上最速でのJ1昇格条件となる2位以上を確定させた。勝利を逃し悔しさに包まれた西京極だが、相手を押し込み、強さを見せたサンガ。チームは上向き、中4日で迎えるホーム連戦へ、活気あふれる雰囲気で準備を進めた。
 
今節対戦するのは横浜FC。前半戦は下位に低迷したが、ここ10試合の成績は5勝4分1敗と勝点を積み上げ、勝点45の10位につけている。サンガの背後に勝点1差で迫る横浜FC。サンガとしてはなんとしても倒さなければならない相手だ。

「横浜は失点が少なく、セットプレーで得点の半分くらいをとっている。高さのある前線へボールを入れてくる印象。自分たちがどれだけ動いて、相手の嫌なことをできるかがカギを握る」と試合を読む中山。前回対戦ではゴールデンウィーク4連戦の最終戦で、トリッキーなFKを見事に成功させ、これが決勝ゴールとなり記憶に残る試合となった(5/6@ニッパ球 2-0〇)。
 
サンガのエース・大黒は今週火曜日(9/23)、湘南を相手に2点を叩き込み、21ゴール目をマーク。得点ランク2位・湘南のウェリントンを引き離し、1位を独走中。湘南戦後には「ここにきてコンディションが上がってきている。このままゴールを量産していきたい」と好調をアピール。2010年に横浜FCに期限付き移籍していた大黒は、今節の対戦に向けて「尊敬しているカズさんとまた一緒にプレーできればうれしい」とキングカズ(横浜FC:三浦知良選手)との対戦を楽しみにし、トレーニング後も居残りシュート練習に励んだ。
 
勝点46で9位のサンガ。プレーオフ圏内の6位との勝点差は4。昇格のために呼ばれた田中は「残り9試合の戦いは、来年どのカテゴリーでやりたいかという一人一人の気持ちの強さにかかっている。どんな逆境に立っても、昇格への思いを続けられるかどうか」と、覚悟を決めてピッチに立つ。
 
湘南戦で何度もスプリントし走り続けた駒井は「湘南戦では“やれる”ことを証明できた。これがたまたまじゃないところを見せる。強い気持ちでアグレッシブな戦いを続けていきたい」と強いメンタルで残り試合へスパートをかける。
 
遂げたい思いをピッチで現す残り9試合。

まずはホームで、この一戦の勝利を目指す。

******************************************************************************
2014Jリーグディビジョン2第34節
■日時:2014年9月28日(日)18:00キックオフ
■対戦:京都サンガF.C.vs. 横浜FC
■会場:西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
******************************************************************************
「残り9試合、来年どのカテゴリーでやりたいかという一人一人の気持ちの強さにかかっている」と昇格への思いを語る田中。
今季21ゴールを挙げる大黒。古巣相手に連続ゴールを期待したい。
積極果敢なオーバーラップでチャンスを作る石櫃。大黒とのコンビネーションにも磨きがかかる。

この記事をシェアする