ニュース

2014.09.22
試合情報

【J2第33節vs.湘南プレビュー】首位・湘南を倒し、浮上のきっかけをつかむ!

7戦負けなしで勝点を積み上げてきたサンガだが、前節山形戦はアウェイで勝点を持ち帰れなかった。勝点は45のまま順位は9位。J1昇格プレーオフ出場圏内・6位との勝点差は4となった。連戦で秋分の日に行われる第33節。対戦するのは、首位を独走する湘南。湘南は今節、J1昇格が決まる可能性があるが、サンガが勝てばこれを阻止できる。中2日のタイトなスケジュールだが、ホームの力を結集し、なんとしても阻止しなければならない。目に見えないプレッシャーがかかる残り10試合。今節、首位を倒し、浮上のきっかけをつかみたい。
 
山形戦翌日、チームは京都に戻り、グラウンドで川勝監督のもと輪になり、前を向いた。敗戦の悔しさを昇格への力に変え、湘南戦へと向かう。
 
第3節から首位をひた走る湘南(勝点83)は2連勝中。得点ランキング2位につける長身FWウェリントンは16ゴール、FW岡田翔平は11ゴールをマークしている。3位との勝点差を27とする湘南は、今節引き分け以上で、3位・磐田の結果次第で2位以内が確定するという昇格がかかる一戦となる。
 
神戸に所属していた田中は、昇格前の複雑な心理状況について語る。「この時期は上位にいてもうまくいかない特別な時期。昨年は神戸で昇格が手に届きそうな時にそういう経験をした。試合は順位に関係なく0-0から始まる。大事なのは自分たちのサッカーをどれだけ長くできるか。しっかり相手を叩いて、それをエネルギーに変えたい」。
 
前回対戦(4月29日)ではセットプレーなどで失点し、0-3で敗れたサンガ。対戦を前に川勝監督は「最悪のゲームのあとに一番強いチームと戦えることは、燃えるものがある。つけいる隙は必ずあるし、相手の勢いやスピードにしっかりと対応して、自分たちのリズムにもっていきたい」と勝負をかける。
 
古巣対決に燃えるのは三平。「勝って波に乗る上で最高の相手だし、個人的には勝ちたい思いが一番強い相手。走り負けないように、球際で絶対に負けずガツガツいきたい」と気持ちが入る。三平は復帰戦(9月6日千葉戦)で復活の2ゴールを決め、昨季を超える8ゴール目をマーク。残り試合で「2ケタ得点を狙う」とコンディションをあげ、今節のゴールにも期待がかかる。
 
サンガは2001年に湘南のホーム(平塚)でJ1昇格を決めた歴史がある。逆の立場に立たされたサンガだが、昇格のかかる今節の勝負でも譲らず、サンガのホームで昇格を阻止したいところ。互いに勝利を求め気持ちのぶつかり合うアグレッシブな展開が予想される。
 
首位の湘南に勝って勢いに乗りたい一戦。

サンガのホームで好きにやらせるわけにはいかない。

******************************************************************************
2014Jリーグディビジョン2第33節
■日時:2014年9月23日(火・祝)18:00キックオフ
■対戦:京都サンガF.C.vs. 湘南ベルマーレ
■会場:西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
******************************************************************************
京都のプライドにかけて!
三平は湘南戦を前に「足がつってもケガをしてでもチームの為に全力で戦う」と力強く古巣からのゴールを誓った!
試合前にはJ通算300試合出場の花束贈呈セレモニーも予定されている工藤。豊富な経験でチームを引っ張る。

この記事をシェアする