ニュース

2014.08.23
試合情報

【J2第28節vs.讃岐プレビュー】天皇杯の敗戦を生かし、勝利を持ち帰る!

今週水曜日(20日)、サンガは天皇杯でJ1名古屋と対戦し、0-4で敗れ、3回戦で姿を消すことになってしまった。試合後、「前半はいいサッカーをやっているのに2点を取られてしまった。ただ、それをJ1とJ2のちょっとした差だと簡単に認めるな。弱気なところを引っ張り出したのは相手じゃなく自分たち」と川勝監督はJ1を目指す選手たちに強いメッセージを突き刺した。中3日で迫るリーグ戦に向けて立ち止まっている暇はない。チームは名古屋戦での経験をしっかりと記憶にとどめ、リーグ戦に集中する。
 
今節対戦するのは勝点16で21位の讃岐(サンガは勝点39で7位)。元サンガジュニアユース監督の北野誠監督の下、3勝7分17敗で勝利が少ないものの、8月の初戦で栃木に勝利し、ここ3試合では1勝1分1敗で上向きの印象。後半戦での巻き返しに向け、7月にDFラインに高さのあるエブソンを獲得した。天皇杯は2回戦で敗退したため、今節はサンガより日程的に余裕があり有利な状況。前回対戦(5/3@西京極)では、GWの連戦の中、サンガがホーム初勝利を飾った(4-1)。今節は讃岐のホームでの戦い。J2初参戦の讃岐と丸亀での対戦は初めてとなるが、サンガは2011年の天皇杯4回戦(vs.鹿島)で丸亀のピッチで勝利をつかんでいる。
 
契約上、天皇杯に出場できなかった田中は今節に向け「讃岐はJ2の戦い方に慣れて自信をつけてきているので、試合への入り方には注意したい。何よりも大事なのは自分たちのサッカーをどれだけできるか。天皇杯に出られなくて、やりたい気持ちを抑えるのが大変なほどサッカーに飢えている。結果もしっかりと求めて、チームを軌道にのせたい」と、この一戦に意気込んでいる。
 
ユース時代を名古屋で過ごし、対戦を楽しみにしていた酒井も天皇杯には出場することができず対戦が叶わなかった。「楽しみは来年にとっておく」と語り、J1昇格を目指し、まずは讃岐戦での勝利に全力を尽くす。
 
川勝監督の言葉を選手たちがピッチでどう響かせるのか、大事な一戦になる。

天皇杯の敗戦をリーグ戦に生かし、昇格へと突き進みたい。

******************************************************************************
2014Jリーグディビジョン2第28節
■日 時 : 2014年8月24日(日)18:00キックオフ
■対 戦 : カマタマーレ讃岐 vs. 京都サンガF.C.
■会 場 : 香川県立丸亀競技場
******************************************************************************

天皇杯は残念ながら敗退となったが、すぐさま迎えるリーグ・讃岐戦へ向けて、一致団結する!
天皇杯名古屋戦では前線で体を張るなど、気持ちのこもったプレーを見せた横谷。リーグ戦での活躍にも期待したい。
天皇杯名古屋戦は登録の関係上、出番のなかった田中。「結果は0-4。真摯に受け止め、次へ向かいたい」と前を向く。

この記事をシェアする