ニュース

2014.08.19
試合情報

【天皇杯3回戦vs.名古屋プレビュー】J1名古屋を倒し、4回戦へ駒を進める!

サンガは2回戦でJ3鳥取に3-1で勝利し3回戦へと進出した。大黒の先制弾、中山、山瀬が追加点を奪って決着をつけたこの勝利が、川勝サンガの初勝利となった。その後リーグ戦でも勝利を挙げ、着実に前進するサンガ。3回戦で当たる相手はJ1名古屋。昨年は3回戦で鹿島と当たり、姿を消すことになったサンガだが、今年はJ1を撃破し、4回戦へと駒を進めたい。
 
日曜日(8/17)にJ2リーグ第27節(vs.大分)を戦い、中2日で迎える一戦。真夏の厳しい日程の中での戦いとなるが、J1と対戦できるこの一戦を選手たちも楽しみにしている。中でも、今季チームで唯一全試合フル出場を続ける酒井は、名古屋U-18出身。試合を前に「ユースのころに所属していた名古屋との対戦。対戦相手が決まったときから楽しみにしてきた。試合に出れたら頑張りたい」と気持ちを入れる。また、過去2シーズン在籍した古巣との対決となるバヤリッツァは「名古屋は日本で初めてプレーするチャンスを与えてくれたクラブ」と思い入れが深い。
 
また、ルーキーの石田は名古屋U-15出身。大分戦でJ2初ゴールを決めたあと「もっとプレーの質を上げられると思う。前半からもっととばせるように頑張りたいし、シュート以外のところも磨いていきたい」と語り、名古屋相手に成長した姿を見せるべく燃えている。
 
17日の大分戦は、後半に逆転し、後半40分までリードしていた。「最後のところで3点目を決めて3-1の試合にしていれば、勝点3を確実にとれたゲーム」(川勝監督)。この反省を生かし、「3点目をとって勝ちたかった」という遂げられなかった思いを今後にぶつける。
 
対戦する西野朗監督率いる名古屋は、2回戦でトヨタ蹴球団を相手に、永井謙佑が5得点を決めるなど12-0で快勝し、3回戦に進出してきた。リーグ戦では、前節(8/16vs.G大阪)8試合ぶりに勝利をつかみ、降格圏を抜け出し14位。ここまで田中マルクス闘莉王、ケネディ、永井がそれぞれ5得点をマークしている。レアンドロ ドミンゲス、川又堅碁、大武峻は登録上出場できない。
 
一方のサンガは、2回戦で退場した石櫃が出場停止、田中とドウグラスは登録上出場できないため、試合出場を渇望するフレッシュなメンバーのパフォーマンスにも期待がかかる。
 
川勝監督は「名古屋は個人能力が高いチームだが、サッカーは走ってナンボのスポーツ。その先のリーグ戦にもつながるような戦いをしたい」と語り、汗をかき勝利をつかみにいく。
 
中3日をはさみ、ホームで迎えられるJ1名古屋と中2日でアウェイに乗り込むJ2サンガの対決。カテゴリーが上のチームにはプレッシャーがかかりやすい。サンガはチャレンジャーとして、格上の相手を倒し、頂点を目指す!

******************************************************************************
第94回天皇杯全日本選手権大会 3回戦
■日 時 : 2014年8月20日(水)19:00キックオフ
■対 戦 : 名古屋グランパス vs. 京都サンガF.C.
■会 場 : 名古屋市瑞穂公園陸上競技場
******************************************************************************

天皇杯の戦いが再びスタート!3回戦は名古屋グランパス(J1)と激突!
2回戦となる鳥取戦では電光石火の先制ゴールをあげた大黒。ジャイアントキリングへ、この男の存在がカギを握る。
2008年から2シーズン、名古屋に在籍していたバヤリッツァ。古巣対戦を前に「名古屋には玉田、楢崎、闘莉王など、インターナショナルな経験値を持った素晴らしい選手がいるが、シンプルに勝ちにいきたい」と勝利を誓った。

この記事をシェアする