ニュース

2014.08.15
試合情報

【J2第27節vs.大分プレビュー】ホームで連勝を飾り勢いに乗る!

前節札幌戦は、デビュー戦となったルーキー石田のアシストから大黒が決め接戦を制した(1-0)。勝点を38に伸ばしたが、順位は変わらず7位。昇格プレーオフ圏内6位の千葉との勝点差を1に縮めた。今節は勝点で並ぶ8位の大分との対決となる。川勝サンガ初の連勝を飾り、勢いに乗りたい。

今週のサンガは、涼しい札幌から戻り、再び暑さ厳しい京都でトレーニングを進めた。選手たちは意識的に声を出して集中をきらさず、活気溢れる雰囲気で大分戦へと調整を進める。新加入のドウグラスや田中も日々コンビネーションを高め、前節スタメン入りした石田は「次はゴールを」、内野は「次もゼロで」と高いモチベーションを保ち、トレーニングに打ち込んでいる。

対戦する大分は、7月にJ1大宮から高さのあるFWラドンチッチ(193cm/92kg)を獲得し、ここまで5試合で3得点の活躍。川勝監督は「ラドンチッチが入ってだいぶ変わった。フィジカルが強いし、戦術も彼を中心にしてきている」と警戒を強めるが、一方のサンガも前回対戦(4/5@大分 ○3-0)でハットトリックを達成し勝利に導いた大黒が好調。札幌戦では古巣相手に若手選手をうまく生かし、今季17得点目をマークし得点ランク独走状態。大黒は「ボールを奪った瞬間にいい動き出しをすればチャンスになる。相手のギャップをついていきたい」と大分戦に向けコメント。ホームでの戦いとなる今節はさらに期待が集まる。

水戸戦(8/3@西京極 △1-1)で、加入から4日目でサンガデビューした田中は「合流して間もないことを言い訳にしたくない」と熱いプレーでいきなりサポーターの心をつかんだ。コーナーキックが続く場面では、両手でサポーターを煽ってスタジアムをひとつにしようと奮闘した。前節札幌戦で移籍後初の勝利を得て「正直ホッとしたが、最終目標はJ1昇格。僕が入ってから一回も負けたくない」と昇格への強い意志を胸に秘め、試合に挑む。

大分戦のあとには中2日で天皇杯(8/20vs.名古屋@瑞穂)を挟む過密日程となる。今節ホームでの勝利を勢いに、残暑厳しい中での戦いをモノにして着実に昇格への階段を上りたい。

****************************************************************************
2014Jリーグディビジョン2第27節
■日時:2014年8月17日(日)19:00キックオフ
■対戦:京都サンガF.C.vs. 大分トリニータ
■会場:西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
****************************************************************************
前節札幌戦でリーグ戦デビューを飾った石田。ホームでの“初登場”が期待される!
献身的な働きで攻守をサポートする中山。
札幌戦でも見せたようなオーバーラップからの好クロスが期待される石櫃。

この記事をシェアする