ニュース

2014.04.18
トップチーム

譲れない戦い

4月17日、晴れ。2部練習。

 

10時、前日のトレーニングマッチに出場したメンバーとそれ以外のメンバーに分かれてトレーニング開始。

試合組は、クールダウン。

それ以外の選手は、ウォーミングアップのあと、ミニコートで55

球際での譲れない戦いを見せる選手たち。

 

11時、さらにコンパクトなコートで55

山形戦で顔を負傷した酒井ちゃんも元気にプレー。ラスト1分でゴールを叩き込んでチームに勝利を呼び込み、笑顔を見せていました。

 

午後からは、フープや木箱を使い、体をしっかりと整えていくトレーニングからスタートし、週末の松本戦を想定した実践トレーニングを行いました。

松本のプレスをどうかいくぐりゴールを奪うのかトライしていく選手たち。

セットプレーのアイデアも出し合い、準備を進めました。

 

20062009年、 長野エルザサッカークラブ(現:AC長野パルセイロ)で指揮をとったバドゥ監督。長野県で再び試合ができるのを楽しみにしています。長野時代のライバル・松本との戦い。アウェイでも、勇気をもって攻撃的なサッカーで勝利を狙います!

クールダウン
ガーヒー
ジャイロ
コウジ
オグリ
サカイちゃん
ビツVSコウヘイ
アイデアを出し合う選手たち
バドゥ監督
勝利へ準備が進む

この記事をシェアする