ニュース

2014.04.04
試合情報

【J2第6節vs大分プレビュー】アウェイで勝利を収め、上位との差を詰める!

前節札幌戦、ホーム初勝利がほしかったサンガ。アレッサンドロが今季2点目を挙げ先制するが、追いつかれてドロー。最後まで勝利を求めてゴールに向かったが、相手も譲らず、勝点1を分け合った。試合後、気落ちする選手たちに対しバドゥ監督は、今季初めて先制できて、「違った形でいろんなところが出せた」とプラスにとらえた。選手たちは迫る試合へと切り替え、勝利に向け共通理解を深めた。敵地でのこの一戦を制すれば、アウェイ3勝目となる。 

対戦する大分トリニータは、一昨年、昇格プレーオフに進出しJ1に昇格したが、昇格1年目の昨季は2勝8分24敗の成績で、J2に降格した。クラブ創設20周年の節目となる今シーズン、大分は3度目のJ1昇格を狙う。田坂監督4年目、成熟したサッカーとJ1での経験を生かし、攻守の切り替えを早くし、アグレッシブなサッカーで1年でのJ1復帰を目指す。 

今季のここまでの戦いは、2勝2分1敗で勝点8の10位。サンガとは勝点で並んでいる。前節は岡山と戦い、MF伊藤大介が直接FKを決め1-1。ここ4戦無敗、ホームでは2連勝中。昨季ホームで1勝もできなかった大分にとって、ホームでの勝利は何よりも重たいはず。長身FW高松大樹は、開幕戦で自ら得たPKを決め、一昨年11月以来のホーム戦勝利に貢献している。 

一方のサンガ、古巣との初対戦となる三平は、今週のトレーニングマッチ(4/2 vs佐川印刷京都 1-1△)でゴールを挙げ、好調をアピール。「監督や仲が良かった選手も多く残っている。移籍して成長した姿を見せたい」と、2年前にJ1昇格へと導いた古巣との一戦に気持ちが入る。懐かしのスタジアムを舞台に、ゴールを狙う。 

前節の悔しさを取り返したい酒井は、「勝ちにいく。上にいくには勝つしかない」と勝利への一心で試合に挑む。守護神オ スンフンは、「試合はまだまだ続くので、落ち込んではいられない。次は無失点で抑え、勝ってホームに戻りたい」と前向きにチームを支える。 

両サイドバックのふたりは、石櫃が「ホームで勝てなかった分、アウェイでしっかり勝ちたい」、比嘉は、「4試合、点に絡めていないので、点に絡み、ゼロで抑えたい」と意気込む。駒井は、「ゴールまであと一歩。次こそとりたい」と、チームで連動しゴールを目指す。 

開幕から1か月、7位につけるサンガ。勝利を持ち帰り、上位との差を詰めたい。

****************************************************
2014Jリーグディビジョン2第6節
■日時:2014年4月5日(土)16:00キックオフ
■対戦:京都サンガF.C.vs 大分トリニータ
■会場:大分銀行ドーム
****************************************************

「プライオリティーはまずはアタック」と変わらず攻撃的な姿勢を貫くバドゥ監督。
前節ホーム初ゴールを決めたアレッサンドロ。2試合連続ゴールを狙う。
古巣との対戦となる三平。今週行われたトレーニングマッチ(vs.佐川印刷京都)でも好パフォーマンスを見せており、活躍が期待される。

この記事をシェアする