ニュース

2010.03.12
トップチーム

≪京都サンガF.C.選手会≫ 大宮アルディージャ・塚本泰史選手への募金活動実施について

先般、大宮アルディージャ所属のDF塚本泰史選手が、「右大腿骨骨肉腫」と診断され、今後手術を行うことが同クラブより発表されました。
京都サンガF.C.選手会(選手会長:安藤淳選手)では、塚本選手の支援を目的に3月14日(日)に西京極で行われる鹿島アントラーズ戦におきまして募金活動を行うことが決定いたしましたのでお知らせいたします。
なお、同活動で集まった募金は塚本選手の闘病生活を支えるため設立された、「アルディージャ後援会 塚本泰史選手支援基金」へ寄与させていただく予定となっております。

皆様のご協力を宜しくお願い申し上げます。


【実施概要】
<内容>
3月14日に行われますJ1第2節 鹿島アントラーズ戦(@西京極13:00キックオフ)におきまして、
場外にて選手会による(選手数名が参加予定)、「塚本泰史選手応援募金活動」を行います。

<募金実施試合>
・2010年3月14日(日)J1リーグ第2節 鹿島アントラーズ戦

<募金実施場所>
西京極競技場 南スタンド ホームA(予定)

<募金実施時間>
12:00〜12:30(予定)

【選手会長・安藤淳選手コメント】
「最初に話を聞いた時、同じプロサッカー選手として、とてもショックを受けました。選手会として少しでも力になれることはないかと考え、チームメイトにも声をかけたところ、みんなが賛同してくれました。今回、募金という形で塚本選手を応援し、彼と一緒に立ち向かっていきたいと考えています。皆様、ぜひご協力を宜しくお願い致します」

以上

この記事をシェアする