ニュース

2013.11.13
トップチーム

ガンバ戦スタジアムレポート!雨の中、今季最多の15,380人が観戦@西京極

11月10日(日)、G大阪との京阪ダービー。天候は曇時々雨。

 

この日のチケットは完売。注目の一戦、13時キックオフの試合には、8時ごろから西京極にサポーターの姿が。ガンバサポーターも大挙して訪れ、開門前には長蛇の列ができました。

 

紅葉がはじまった西京極。冷たい雨の中、今季最多の15,380人のファン・サポーターが試合を観戦しました。試合前には、訪れたガンバサポーターに「J1昇格おめでとうございます。我々もすぐに追いつきます!」とスタジアムDJ。

 

優勝を狙うG大阪は、27分、今野のゴールで先制。86分、遠藤のパスを途中出場の大森がゴール。サンガは0-2で敗戦し、10試合ぶりの黒星。この結果、神戸の2位以内が確定。サンガはプレーオフに回ることとなりました。

 

今季初スタメンとなったウッチーは、試合後「負けはしたけど、やれるという自信をかなり持てた」と手応えを語っていました。

 

大木監督は試合後の記者会見で「まだ何も失ったわけではない。リーグ戦2試合、そしてプラスアルファの試合に向けて頑張りたい」と前を向きました。

 

残るJ1昇格の一枠を懸け、最後まで戦い抜きます!

開門を待つ長蛇の列
カラフルなレインコートで応援〝GAMO SSS″サッカー少年たち
満員のバックスタンド
気持ちを合わせながらウォーミングアップ
試合前フェルナンド
久々のメンバー入りとなったミヤ
敵の動きをイメージしながらペースアップ
戦いを終えピッチをあとにする選手たち
今季初スタメンとなったウッチー「やれるという自信をもてた」
「受けにまわるのではなく仕掛けていくことができた」コウジ

この記事をシェアする