ニュース

2013.11.09
トップチーム

ガンバ戦へ!気持ち入るサンガタウン

11月8日(金)、暦の上では冬の訪れとなる立冬を過ぎ、いよいよ本格的な冬に突入していきますが、サンガタウン周辺はようやく木々が色づき始めたところ。今日はぽかぽか陽気のサンガタウンです。

今週も先週に引き続き、多くのマスコミ陣で賑わいました。
日曜日は首位に立ち昇格一番乗りを決めたガンバとの対戦!西京極でガンバと対戦するのは久々。チケットはすでに完売状態。最高の舞台での戦いとなりそうです。 

先週は大観衆を集めたドーム(ノエスタ)での一戦で、ピッチ上は自分たちの声もうまく通らなかったとか。

今節は自分たちのホーム・西京極。大木監督も「サポーターの方からプラスアルファとなるものをもらえるかもしれない」と期待。選手たちも満員の西京極でプレーできるこの一戦へ気持ちが入ります。 

試合2日前の今日は、ミーティングからスタート。約1時間のミーティングを終えて、トレーニングに入りました。 

ガンバ戦を想定した動きの確認から始まり、ストレッチをはさみながらパス練習。

そのあと、コンパクトなスペースで7対4。そして、セットプレーの練習を約30分じっくりと行いました。 

大木監督、コーチ陣をはじめ、カズキ、コウジ、カンちゃん、ウッチー・・・、声が飛び交い、選手たちは充実した表情を浮かべ、トレーニングに取り組んでいました。

練習の最後には、ゴール前にずらりと並んだ選手たちが、一人ずつボールを蹴り、ゴールのクロスバーに当てたら抜けられるという〝バー当て″を全員でするという和やかムード。

大木監督は左足キックで早々に命中させ、あとは腕を組んで選手たちをニコニコ見ていました。 

明日、あさっての調整を経て、いよいよ注目のガンバ戦を迎えます!

ガンバ戦へ!
さんぺい
コウジ
「自動昇格の可能性は少ないが、気落ちしないでしっかりやる」コウヘイ
いい雰囲気
リキスマイル
気持ち入る練習
コウジスマイル
ユウジ
「自分たちがボールを持てば、相手を抑えなくていい」大木監督
バーに命中させポーズを決める大木監督
「可能性がゼロでない限り、勝って可能性を大きくしたい」オーちゃん

この記事をシェアする