ニュース

2013.10.26
試合情報

【J2第38節vs札幌プレビュー】ホームで7連勝を決め、昇格へラストスパートをかける!

前節雨の中での群馬戦は、2点のビハインドを負うが、前半終了間際に横谷がPKを決め1点返す。後半、退場者が出るアクシデントで数的優位に立ったサンガは、J2残留へ負けられない群馬の粘り強い守備に手を焼きながらも、途中出場の三平の同点弾、原の逆転弾で勝利をもぎ取った。アウェイで6連勝を飾り、勝点を66に伸ばした。

残るは5試合。自動昇格への望みも諦めることなく勝利を積み上げるサンガだが、2位のG大阪との勝点差は8と状況は厳しい。しかし、大木監督は「相手の勝点を操作することはできないから、自分たちが勝つことだけを考える。今は札幌戦に勝つこと。それが終わったら次だ」と、この一戦にすべての力を注ぐ。今節勝てば、過去の連勝記録(2005年J2 第13節~第19節)に並ぶ7連勝となり、サポーターと喜び合うことができる。1か月ぶりの西京極での戦いで多くのサポーターと共に勝利を挙げ、来たる神戸、G大阪との直接対決に挑みたいところだ。

今節対戦するコンサドーレ札幌は、勝点54で7位。1年でのJ1復帰に向け、負けられない戦いが続いている。前節山形戦はホームで砂川誠の500試合目を勝利で飾った。勝点で並ぶ山形に競り勝ち(○3-1)、順位を10位から7位にアップ。6位徳島との勝点は6差となり、J1昇格プレーオフ圏内に迫る。FW内村圭宏はここまで14得点を挙げている(得点ランク5位タイ)。また、天皇杯3回戦でジュビロ磐田に勝ち、ベスト16進出を決めている。 

前回対戦(5/3@札幌ド)では、66分にリスタートから安藤が決め、1-0でサンガが勝利している。対戦を前に大木監督は「相手は攻撃的な選手がそろっている。少しでも油断したらやられる」と警戒。今週のトレーニングでは、札幌戦でゴールを奪うための密度の濃いメニューに汗を流し、一段ギアを上げて試合に挑む。 

前節決勝ゴールをあげた原は、7試合ぶりのゴールで今季12ゴール目をマーク(得点ランク9位タイ)。トレーニングでも確実にゴールネットを揺らし、久々のホーム戦に向けて気持ちが入る。また、負傷の安藤に代わりキャプテンマークを巻きプレーした倉貫は「前節、最後に勝てたことをプラスに捉えて前向きにやる」と、ひと際声を出し、チームを引っ張る。古巣対戦で全力プレーを誓う山瀬も気合い十分。昇格に向けて負けられない一戦となる。 

1か月ぶりのホーム戦。目の前の敵を倒し、昇格へラストスパートをかける。

****************************************************
10/27(日)コンサドーレ札幌戦 13:00キックオフ@西京極
★スタジアムイベント 詳しくは>>>こちら
★グッズ情報 詳しくは>>>こちら
****************************************************

残り5試合、J1昇格へのラストスパートが始まる!
前節群馬戦では原の決勝弾をアシストした駒井。「他チームの結果に関係なく、J1をつかみとれるかどうかは自分たち次第」と集中する。
「自分の特徴を出して得点にも絡んでいきたい」と札幌戦へ向けてコメントした下畠。粘り強い守備から攻撃へつなげていく!

この記事をシェアする