ニュース

2013.07.26
試合情報

【J2第26節vs福岡プレビュー】山瀬の5戦連発にも期待!ホーム2連戦を勝利で!!

前節北九州戦はアウェイで難敵の北九州に1-1のドロー。後半開始早々に失点しリードを許すが、試合終了間際に山瀬のゴールで追いつき、勝点1を持ち帰った。だが、選手たちはもちろん満足していない。試合後に山瀬が、「『引き分けにできた』ではなく、『引き分けにしてしまった』と考えないといけない」と気持ちを引き締めたように、J1昇格を目指すサンガは、ここからしっかりと勝点3を積み上げていかなければならない。現在の勝点は43で5位。トップとの差は勝点10開く厳しい現状。今節は勝点差3で6位の福岡との対戦。マリヤン・プシュニク監督の下、目指すアグレッシブなサッカーを展開し、安定した戦いぶりを見せている。前節は岐阜と戦い、FW坂田大輔とMF金久保順のゴールで無失点勝利(2-0)を挙げ、2連勝中。初の3連勝を目指し西京極に乗り込んでくる。サンガとの前回対戦では(3/17@レベスタ)、前半に福岡がリードするが、前半終了間際に駒井の同点弾、さらに後半アディショナルタイムに三平が勝ち越し弾を決め、サンガが逆転勝利を収めている。今節はどちらが先手を取るのか、最後まで見逃せない戦いになりそうだ。 

アウェイ連戦を無敗で終え、ホーム2連戦を迎えるサンガ。多くの子どもたちも観戦に来てくれる夏休み最初のホーム戦で勝点3を積み上げ、ペースアップしたいところ。北九州戦の反省を生かし、今週充実した準備ができたと手応えを語る選手たち。前節交代出場で山瀬のゴールをアシストした原は、「もっと点に絡めたし、まだまだ点を取れたと思う。引き分けたことが本当に悔しい。あとは、どれだけ相手ゴールに近づいて点を取れるかだと思う。ケガで休ませてもらっていた分、ここからどんどん点を重ねていきたい。点を取らないと勝てないので、そこにこだわってやっていきたい」と強い気持ちでゴールを狙っている。 

あとはスコアを動かすだけ。北九州戦ではチームを救う得点を挙げ、4試合連続ゴール中の山瀬を中心に、ゴールへの迫力シーンに期待が高まる。フォーメーションを変更し5試合負けなしで順調な戦いを見せるサンガ。ホームで勝ってさらなる勢いに乗りたい。 

5試合連続ゴールを狙う山瀬。勝利に導くゴールを見せてくれ!
コンスタントに出場を重ねる酒井。守備陣を統率する働きに期待!
酒井とともに守備を引き締めるバヤリッツァ。福岡攻撃陣を抑え込む!

この記事をシェアする