ニュース

2013.07.19
試合情報

【J2第25節vs北九州プレビュー】勝点を積み重ね、今こそ上位追撃を!

前節松本戦は、アウェイに乗り込んでの一戦。前半、ゲームの流れをつかんだのはサンガ。落ち着いた戦いぶりでボールを支配し前に運んだ。しかし、ブロックを作って守る松本ゴールをこじ開けることができず、前半を0-0で折り返す。スコアが動いたのは後半3分。相手クリアボールが山瀬の前にこぼれ、これをモノにして先制。だが、そのわずか4分後、警戒していたセットプレーから失点し振り出しに。3連休の中日、松本に駆け付けた12,151人の声援が後押しするなか、後半も運動量は落ちず、互いに譲らない。ゲーム終盤にはケガから復帰した宮吉、原を投入し勝点3を奪いにかかるサンガ。松本の2倍のシュート数18本を放ったが、必死に守る松本の壁を破ることができずドロー。サンガは勝点1を積み上げたが、5位に後退。今節もアウェイでの戦い、今季勝てていない北九州との一戦を迎える。 

対戦する北九州は、勝点21の20位。2連勝のあと連敗していたが、前節、首位のG大阪を相手に連敗を3でストップ。前半にクリアミスから先制を許したが、後半のPKをエース・小手川がきっちりと決めて同点に追いつき、アウェイで価値ある勝点1を積んでいる。小手川はこの得点で今季8ゴール目をマーク(得点ランキング6位)。サンガとの前回対戦(6/3@西京極)では、1-1の後半アディショナルタイムに追加点を挙げ勝点3を持ち帰った柱谷幸一監督。狙い通りの戦いができつつあるなか迎えるホーム戦でモチベーションも高く、対策も万全で挑んでくるだろう。

対するサンガはフォーメーションを変更してから負けなし。前節、何度もキレ味鋭いドリブル突破などで観客を沸かせた駒井は、「新しいフォーメーションになってとてもやりやすいし自分が出せる。北九州にはホームで負けているので、アウェイでは絶対に勝点を取り返せるようにしたい」と意気込み、3試合連続ゴール中の山瀬とともに、得点に絡むプレーに期待が高まる。 

今のチーム状況について「フォーメーションを変えてから間違いなくアベレージが上がっているし、そういうゲームを4試合続けられている。これを5試合、6試合と続けていきたい」と語る大木監督。首位がペースダウンし2位と勝点を並べた今、いい兆候を見せるサンガは、きっちりと勝ち星を重ね、首位との差を詰めたいところ。今節なんとしても勝点3を持ち帰りたい。 

3試合連続ゴール中の山瀬。4戦連発に期待!
前節久々にリーグ戦に復帰した宮吉。今週もコンディション調整に励んでいた。
フォーメーション変更後、よりキレ味が増した駒井のプレーにも注目!

この記事をシェアする