ニュース

2013.06.14
試合情報

【J2第19節vs愛媛プレビュー】2週連続ホーム戦!勝利にこだわり上位へ!

前節熊本戦は、前半を粘り強い守備でゼロに抑えると、後半4分に先制し流れを引き寄せた。久保のハットトリックの活躍で熊本を引き離し、3-1で撃破。遠路熊本まで応援にかけつけてくれたサポーターと勝利の喜びを分かち合った。みんなで勝利をつかみ得た自信と勝点3。これで勝点を31に伸ばし、順位は4位をキープ。3位との勝点差は1、そして、自動昇格圏の2位との勝点差は6。2週続けてホームで戦えるサンガは、ここで6ポイントを積み、上位へ食い込みたい。 

今節対戦するのは愛媛FC。昨季は16位の成績。新監督には、クラブOBで昨年まで3年間ユースを指揮した石丸清隆監督が就任。メンバーを大幅に入れ替え、目指すアクションサッカーで9位以内を目標に掲げる。名古屋から来たMF吉村圭司がキャプテンとして存在感を見せ、若手を引っ張っている印象。前節は3連敗のなか、今季初の逆転勝利(3-2)で連敗をストップ。ここまで6勝3分9敗、勝点21の15位につけている。石丸監督は選手時代の5年間(2001-2005)をサンガで過ごしキャプテンも務めた。GKコーチの平井直人とともに、今節は古巣対戦となる。 

愛媛の印象について大木監督は、「3-4-3で、攻撃は1トップ・2シャドーの前の3人を中心に動いてくるので十分に気を付けたい」と警戒。サンガとしては先手を取って自分たちのチャンスでしっかり得点を奪いたいところ。 

前節プロ初のハットトリックを達成した久保は、今季7得点をマーク(J2得点ランク4位タイ)。今節に向けても「もっと取れると思うし、ゴール前のチャンスを作ってシュートを打つシーンを多くしたい。点を取りに行って、しっかりとチームに貢献したい」とゴールへの強い思いを口にする。相手を仕留める豪快なプレーで西京極を沸かせてくれるだろう。 

そして、愛媛戦に向け気持ちの入る田森。古巣との対戦へコンディションもアップしている。「知っている選手もいるし楽しみ。前節連敗しなかったのが大きいし、勝って愛媛戦を迎えられることが一番よかった。内容も求めていきたいが、どんな試合でも勝点を取っていかないと上にはいけないので、結果を求めていきたい」と、ホームで愛媛を待ち受ける。中盤からの攻撃の起点となるプレーに期待がかかる。 

ひとつになって耐え抜いたからこそ勝点3を手にすることができた前節。 

J1昇格へ、今節もひとつになり勝利にこだわる。

前節熊本戦でハットトリックを達成した久保。「もっと取れると思うし、ゴール前のチャンスを作ってシュートを打つシーンを多くしたい」と今節でも得点を狙いにいく!
古巣愛媛との対戦を前に「知っている選手もいるし楽しみ。結果を求めていきたい」と語った田森。
プロ初ゴールを決めた愛媛相手に気合いの入る駒井。

この記事をシェアする