ニュース

2013.05.02
試合情報

【J2第12節vs札幌プレビュー】GWの連戦に突入。強力攻撃陣が札幌に襲いかかる!

トップ集団に食い込んでいくためにもこの一戦は落とせない。連戦になるが、疲れを感じさせないハツラツとしたプレーで勝利を掴みとる。

前節、ホームで連勝を狙ったサンガだが、千葉と引き分けに終わった。一時は2点のリードを奪っていただけにそのまま勝ち切りたいところだったが、さすがはJ1昇格を争うライバルチーム。0−2から3点を奪い返して逆転する底力を見せられた。 

だが、サンガも力尽きることなく試合終了間際にゴールをこじ開け、簡単には屈しないところを示した。残念ながら連勝とはいかなかったが、強豪との試合で盛り返せたことはポジティブに捉えたい。この試合でゴールを決めた久保裕也は「千葉戦は勝ちたかったですけど、最後に追いついたことをしっかりと札幌戦へつなげていきたい」と前を向く。 

千葉戦ではうれしいニュースもあった。3月10日の東京V戦を最後に長期戦線離脱を強いられていた山瀬功治が途中出場で復帰。個の能力で局面を打開できる山瀬の存在はチームメイトにとっても、指揮官にとっても心強いはずだ。 

一方の札幌は前節、下位に苦しむ熊本に1−3で敗れて4試合ぶりの黒星を喫した。深井一希、榊翔太、奈良竜樹などユース昇格組の若手を積極的に起用しているため、若いチーム特有の脆さも抱えているが、逆に勢いに乗った時は怖いチームだ。「若い選手が出てきているし、秘めたパワーのようなものを感じる。砂川選手、内村選手、宮澤選手などいい選手が揃っている」。大木監督も若いチームのポテンシャルに警戒を示す。 

それでも、リーグ2位の総得点を誇るサンガの強力攻撃陣ならば、札幌を攻略できるはずだ。サンガの持ち味であるショートパスを小気味良くつなぐ攻撃で主導権を握りたい。スタメンに復帰してから2試合連続ゴールを決めている久保や、同じく2試合連続得点中の横谷繁の活躍に期待がかかる。久保は「連戦の勝率はあまりよくないけれど、次こそはしっかりと勝ちたい」と意気込みを見せる。 

上位争いに食い込んでいくためには、ゴールデンウィークの連戦を勝利で乗り切りたい。まずは札幌を叩き、気分よく西京極に帰る。

2試合連続得点中の久保&横谷に加え、福村が札幌ディフェンスに襲い掛かる。この3人のコンビネーションにも期待。
4/7岐阜戦でフル出場を果たして以来、着実にプレー時間を増やしている田森。堅実なプレーでチームに貢献している。
染谷は的確なコーチングとリーダーシップでディフェンス陣をまとめている。札幌を無失点に抑え込むためには“ソメ”の活躍は欠かせない。

この記事をシェアする