ニュース

2013.04.13
試合情報

【J2第8節vs横浜FCプレビュー】連戦で勝点を積み上げる!

前節岐阜戦は、連敗の影響か、自分たちのペースをつかむのに時間を要し前半0-0で折り返す。後半16分に三平が先制すると、同36分には三平が得たPKを原が決めリードを広げる。さらに試合終了間際にサヌのアシストを原が決め、3-0で今季初の無失点勝利。試合後の記者会見で「2連敗したことがひとつのきっかけで、自分たちがトライするためにフォーメーションを変えた」と語った大木監督。敗戦をプラスに変え、昇格を狙う上で連敗の痛さを知るサンガにとって何より必要な勝利を得た。連敗をストップして迎える今節。「勝っても負けても次のゲームが一番大切」と語る指揮官のもと、次の一歩を進める。 

今節対戦するのは横浜FC。昨年は、シーズン途中に就任した山口素弘監督のもと、最下位から4位へ順位を上げ、J1昇格プレーオフに進出。今季は山口スタイルをさらに浸透させ、J2優勝J1昇格を目指す。ここまで1勝3分3敗で開幕戦以来、勝ち星がない。ハイレベルの選手をそろえ、選手層の厚い横浜。キングカズ、田原豊、森下俊とかつてサンガでプレーした選手が西京極にやってくるのかも気になるところ。昨季の対戦成績は1勝1敗。昨年、西京極では現役最年長のカズがスタメン出場。カズゴールにも注目が集まる中、2-1でサンガが勝利を挙げた。

今週のサンガは月曜日の関西ステップアップリーグ(vs.G大阪@東城陽)で中村が実践復帰。ゴールに向かうパワーを見せ、復活をアピールした。「カズさんがいなければサッカーをしていない」と、カズに憧れサッカー選手を志した少年時代を振り返る中村。対戦を楽しみにコンディションを上げ、キレのある動きを見せている。 

また、「愛媛時代に横浜FCと対戦してゴールしたが、そのあとにカズさんがゴールをあげて全部持っていかれた(笑)」と笑顔でエピソードを語る横谷。「西京極ではいいプレーを見せて、点に絡んでいきたい」とホーム戦での勝利に気持ちが入っている。 

「辛抱のゲームだった」と岐阜戦を振り返ったキャプテンの安藤。「1本つながればもっと違った展開になった。次は前半から自分たちのペースに持っていきたい」と今節への自信を覗かせる。 

はじまる3連戦。まずはホームで勝利を飾り、連戦を乗り切りたい。

「カズさんも背負っていた背番号11を着て、プレーできることを光栄に思う」と憧れのキングカズとの対戦を心待ちにする原。
前節岐阜戦ではゲーム終盤に貴重な先制点をあげた三平。「どんどん走って、前にあがっていきたい」(三平)
岐阜戦では途中出場ながら原の得点をアシストしたサヌ。「彼のほうが体勢がよかったから」とチームプレーに徹する。

この記事をシェアする