ニュース

2013.03.23
試合情報

【J2第5節vs富山プレビュー】狙うは3連勝!アウェイ・富山で勝点を積み上げる。

前節神戸との関西ダービーは、開始2分、セットプレーのチャンスで先制すると、サンガは持ち味を出し、首位・神戸から勝点3を奪って、勝点差を縮めて2位につけた。 

この日、J通算100試合出場セレモニーで、試合開始前に家族から花束を受け取った原が、家族が見守る中、2ゴールの活躍。昨シーズン劇的ゴールを決めた“持ってる男”のゴールが相手を突き放し、4-1の大勝。雨の中、詰めかけた9485人の観客の前で、今季ホーム初勝利を飾った。 

中2日の厳しい日程でも疲れを感じさせないパフォーマンスを披露したサンガ。富山戦に向けたトレーニングでも、そのスタミナは持続。中3日で続くアウェイ戦でも勝利をもぎ取りたい。 

対戦する富山は昨季19位の成績。甲府時代に大木監督・安間コーチの関係で共にチームを率いた。互いに戦い方を熟知し、リスペクトし合う両監督。これまでの戦績は、3分1敗でサンガは勝てていない。開幕前の練習試合では4-2でサンガが勝利したが、さらなる成長を見せる富山、ここまで2勝2敗できている。大木監督が「安間監督は引き出しをたくさん持っている素晴らしい監督」と評する相手とのバトル。互いに良さを引き出し合う好ゲームが期待される。 

前節、今季初ゴールを含む2ゴールを挙げた原は、「去年は、点が取れなかったことで昇格できなかった。いろんな思いがあって今年がある」と心中を語り、今季にかける思いは強い。

原の2点目をアシストした宮吉も、この試合で今季初ゴールをマークした。ここまで、久保、駒井、三平、原、宮吉と前線の選手がしっかりと得点を挙げ、勝点を積み上げるサンガ。

今節、ライバルチームのホームで3連勝を狙う。

富山との対戦を前に「(富山は)リアクションも早いし、カウンターもある。注意したい」と語った大木監督。
前節、2ゴールで勝利に大きく貢献した原。連続ゴールを狙う。
前節、原のゴールをアシストした福村。攻守においてチームに欠かせない存在となっている。

この記事をシェアする