ニュース

2013.03.16
試合情報

【J2第3節vs福岡プレビュー】勝利を求めて敵地・福岡へ。勝点3を持ち帰る!

前節の東京V戦は、シュート数15本と再三攻め込んだものの、開幕戦に続き、悔しいドローとなった。ここ2戦について大木監督は、「十分に勝てたゲームだと思うし、勝点1しか取れなかったのは残念で悔しい。でも、これがサッカー。勝てなかったというのは何かが足りないということ。今度は勝点3を取れるように努力していきたい」と次の試合へと気持ちを切り替えた。サンガは今季初勝利をつかみに敵地に乗り込む。

対戦するのはアビスパ福岡。昨季はJ2リーグ18位の成績。今季はマリアン・プシュニク新監督(スロベニア出身)の下、組織的にハードワークするアグレッシブなサッカーを展開する。MF金久保順、MF船山祐二など攻撃的な選手のほか、DF宮本卓也、昨季までサンガに在籍していたGK水谷雄一ら9名がチームに加わった。

福岡は開幕戦で東京Vに1-0、前節ホーム開幕戦では山形に2-1でそれぞれ勝利をおさめている。ホーム、アウェイと戦術を変え、結果を求めるプシュニク監督。開幕2連勝の好発進。開幕戦でゴールを決めた生え抜きのエース城後寿をはじめ、前節得点のFW石津大介、新戦力のMF金久保など、攻撃的な選手が生き生きとプレーし、一体感を見せている。今節、サポーターとひとつになって戦えるホームで3連勝を狙ってくるだろう。

対するサンガは、今節こそチャンスをモノにし、今季初勝利を挙げたいところ。キャプテンの安藤が「昨年よりチャンスの数が増えている」と語るように、手応えをつかみ、勝利まであと一押し。対戦を前に工藤は、「現時点で勝点が一番多いところとやれるので、自信を持って戦って、しっかり差を縮められるようにしたい」と勝点3を狙う。

今週月曜日に行われた関西ステップアップリーグ(VS ヴィッセル神戸)では、東京V戦でベンチスタートだった久保と駒井がゴールでアピール。スタメン奪回を目指す。ゴールに飢えた昨季を経て、久保は、「今季は去年みたいに、ああしよう、こうしようと考えなくなった。そのほうがうまくいく気がする。ゴールだけを目指してやれている」と、すでに開幕戦でゴールを決め好スタート。ゴールへ自信を覗かせている。

「もっとやらないと勝点3は取れない。取れなかったら最後にどうなるのかもわかっているだろう?」と選手たちに言葉をかけた大木監督。

今節、勝点3を持ち帰りたい。

今季初勝利をサポーターにプレゼントするため、「アウェイですけど、勝って20日(神戸戦@西京極)を迎えられるように、最後まで全力で闘ってきます」と力強く語った工藤。アグレッシブに勝点3のみを狙いに行く!
攻撃陣の活躍がチームに勝利を呼び込む!
前節東京V戦では終盤に投入され、貪欲にゴールを狙っていった原。チームを勢いづけるゴールに期待!

この記事をシェアする