ニュース

2013.03.02
試合情報

【J2第1節vs.G大阪プレビュー】J1への3年目の挑戦がはじまる。

今季のサンガが狙うのは言うまでもなく「J1昇格」と「J2優勝」。昨季J1昇格に迫るタフな戦いを繰り広げたメンバーに、新たに元日本代表MF山瀬功治、昨季大分で14ゴールをマークしたFW三平和司、徳島から身体能力の高いGKオ スンフンなど、サンガの戦いを継続し、さらに質を高めることのできるメンバーが加わった。 

チームを率いるのは大木武監督。1年目の成績7位から昨季は3位と順位をアップさせたものの、あと一歩に迫りながら昇格を逃し、大きな悔しさを味わった。成熟度が高まる大木体制3年目。ブレずに貫くサッカーで、さらに厳しさの増す2013年、J2リーグ戦に挑む。 

新キャプテンには、昨季全試合フルタイム出場を果たし、監督の信頼が厚い安藤。副キャプテンに中山、倉貫、宮吉が選ばれた。今季のスローガンは「必昇」。そこには、“J1昇格へ向けて、クラブ一丸となり闘う”という強い意志が込められている。 

今季も昨年同様、始動日からボールを使ったトレーニングを開始。新加入選手がすんなりと溶け込み、打ち解けた雰囲気でプレーする様子が見られた。その後、11日間に亘る鹿児島キャンプでは、5試合の練習試合を組み、課題と手応えをつかんだ。 

アフリカネイションズカップに参戦していたサヌは、大会準優勝に貢献し、貴重な経験をして帰ってきた。キャンプ後に合流すると、練習試合で早速、ゴールを決めアピール。前線のポジション争いは特に熾烈な戦いとなっている。

今季のJ2リーグは、降格したG大阪と神戸が加わり、関西の3チームがJ2の舞台で戦うことになった。開幕の相手は、いきなり関西勢のライバル・G大阪。6年間清水で指揮を執った長谷川健太新監督のもと、攻撃サッカーで、『復活~さらなる進化を勝ち取るために~』をスローガンに掲げ、クラブ史上初のJ2リーグを戦う。

日本代表のMF遠藤保仁やDF今野泰幸をはじめ、MF明神智和、MF家長昭博、MF倉田秋など、主力のほとんどが残留。清水から期限付き移籍していたDF岩下敬輔も完全移籍し、長谷川体制を浸透させる。キャプテンの遠藤を中心とする豪華な戦力でJ1復帰を目指す。

大木監督は、「J1にいないと戦えないようなチームと戦える。ガンバと一発目に戦えることは、自分たちの力を試すには悪くない。平常心でいけるのか、力が出せるのか、色々なことが見られると思う」と、G大阪を標的に自分たちのサッカーをぶつける。 

キャプテンの安藤は、「やっと開幕を迎えられる。チームのみんなも気持ちが高まって、とてもいい雰囲気でやれている。今年から入ったメンバーが、のびのびとやってくれている」とチームのフィット感を語り、開幕に標準を合わせている。新加入選手たちが、大木体制の中でいかに持ち味を発揮できるのか、楽しみな一戦となる。 

数々の舞台を経験し、攻撃力に期待がかかる山瀬。「これまで多ければ6万人くらい観客が入った試合をしたが、そういう試合は独特でテンションが上がる。そんな雰囲気を京都で味わう機会を作っていきたい」と、J1昇格と同時に、観客を魅了するサッカーにも意欲的。 

注目の開幕カード、G大阪との一戦でいよいよ2013年、J1への戦いが幕を開ける。

昨季はフルタイム出場を果たし、たくましさを増した安藤。今季はキャプテンにも就任し、チームリーダーとしてもチームを引っ張る。
昨季は自身初となる2ケタ得点を達成。今季はJ1昇格へ向け、さらなる飛躍に期待がかかる宮吉。
宮吉とともに攻撃のカギを握る山瀬。局面を打開するドリブルと気の利いた献身的なプレーでチームにアクセントを加える。
守備陣のリーダー的存在となる染谷。今季も鋭い読みからボールを奪取し、攻撃へつなげていく。
昨季、大分のJ1昇格に大きく貢献した新加入の三平。9番を背負い、チームとともに新たなチャレンジに挑む!

この記事をシェアする