ニュース

2012.11.16
トップチーム

昇格をかけたプレーオフ。準決勝2日前サンガタウン

11月16日(金)晴れ。昨日よりずいぶん暖かなサンガタウンです。

まずは恒例となった試合前ミーティング。大分戦に向けて入念な準備が進められます。

 

10時50分、選手たちがグラウンドに出てきました。

甲府戦でケガをしたアツの頭はまだ痛々しい状態ですが、本人はいたって元気。人一倍ゴールへの強い思いを持ち、プレーオフに集中しています。

 

U-19日本代表での戦いを終えて帰ってきたユウヤとダイチも「時差ボケもだいぶなおってきた」(ユウヤ)と、昨日から元気に練習に参加しています。

 

練習は、「さあ、いこーぜ!」と大木監督の気合いの入る一声で開始。

まず、グループに分かれて、ストレッチをはさみながら、パス回しを3セット行いました。

 

次に、8人一組で、8対8対8。ディフェンスには3枚が当たり、縦パスを通したら1点。早いパス回しからチャンスを伺い、縦パスを狙っていきました。

 

最後はセットプレーの練習。勝負の重要なポイントとなるセットプレーの練習に時間をかけ、12時30分、全体練習終了。

 

そこから約2時間続いた自主練習。最後まで残っていたのは、リキ、ユウヤ、ダイチ。

ユウヤは、「チャンスがもらえれば、しっかり決められるようにしたい!」と、シュート練習を重ねていました。

リキ・ミヤ
ヒロキ・コウヘイ・ウヨン・アンちゃん
サヌ・ウッチー
ソメ・アツ・バキ
ウヨン・ヒロキ
ヨシアキ
森岡コーチのアドバイスを聞くテソン
シュート練習を重ねるユウヤ
UAEから帰ってきたダイチ

この記事をシェアする