ニュース

2012.04.20
試合情報

【J2第9節vs横浜FCプレビュー】強敵を退け4連勝中のサンガ。全試合得点中の攻撃陣が横浜FCに襲いかかる

前節は東京Vと好ゲームを演じ、1-0で接戦をものにしたサンガ。上位を争うライバルを退けて連勝を4に伸ばし、ここまで6勝2敗の勝点18で2位とスタートダッシュに成功している。

攻守の歯車がガッチリと噛み合ってきていることが好調の要因となっている。大木武監督の目指す、アグレッシブで魅力的なサッカーを具現化すべく奮闘する攻撃陣は開幕から全試合ゴールネットを揺らしてきた。守備陣は3試合失点が続いたが、ここ2試合は無失点と粘り強さが出てきている。

今節の相手となる横浜FCは最下位と不振に苦しんでいる。8試合を終えて3分け5敗といまだ白星に恵まれていないが、それだけにホームで行われる一戦には待望の初勝利に向けて高いモチベーションで挑んでくるはずだ。

「結果は出ていませんが、ポテンシャルの高い選手が揃っていますし、怖いチームだと思っています。90分間集中して戦いたい」。ディフェンスの要として欠かせぬ存在になりつつある染谷悠太は不調の相手にも警戒を怠らない。

J2での通算対戦成績は6勝6分け2敗とサンガが上回っている。昨シーズンの対戦では敵地で白星を飾り、1勝1分けと勝ち越した。その勝利を飾ったアウェイ戦で後半アディショナルタイムに劇的決勝弾を決めたのは工藤浩平だが、「個々の能力が高いチーム。特にこの選手ということではなく、出場する選手全員に対して気をつけないといけない」と気を引き締めていた。

横浜FCは今シーズン13失点と守備に不安を抱えているため、サンガ攻撃陣の爆発に期待したい。とりわけ、攻撃の切り札としてプレー時間は限定されながら、チームトップの4ゴールを決めている原一樹に注目だ。2試合連続決勝弾を叩き込んでいるストライカーは4ゴール中3ゴールが決勝点と価値ある働きを見せており、3試合連続のヒーロー弾に期待が高まる。

3試合連続のヒーロー弾に期待が高まる原一樹。
昨年の横浜FC戦では終了間際に劇的な決勝弾を決めた工藤。「(横浜FCは)個々の能力が高いチーム。全員に気をつけたい」と警戒を強める。
ディフェンスの要として欠かせぬ存在になりつつある染谷。

この記事をシェアする