ニュース

2015.10.13
試合情報

【天皇杯3回戦vs.川崎Fプレビュー】川崎フロンターレを倒し、ベスト16へ!

天皇杯3回戦、サンガはいよいよJ1チームとの戦いを迎える。直近のリーグ戦(10月10日@西京極)は、勝点で並ぶ岐阜を相手にホームで勝点3を目指したが、勝点1を分け合う結果となった。これで10戦負けなしとなったサンガだが、7戦連続ドローで、チームもサポーターも勝利に飢えている。そのリーグ戦の間に行われるのが、天皇杯3回戦。昨年はこの3回戦でJ1の壁に阻まれた。今年はここを突破し、まずはベスト16入りを果たしたい。

対戦するのはJ1屈指の攻撃力を誇る川崎フロンターレ。リーグ戦で5位につける川崎は、前節(10月4日@等々力)G大阪との大一番に5-3で勝利し4連勝。残り4試合にタイトルへの可能性をつないでいる。この試合ではルーキーのMF中野が1ゴール1アシストでチームに貢献。また、PKを含む2得点を決めたFW大久保は、今季21得点となり得点ランキング単独1位、3年連続得点王の座も見えている。

J1勢は10月11日にナビスコカップが行われたが、川崎はすでに敗退しているため10日ぶりの公式戦となる。天皇杯3回戦後は、中2日で広島とのアウェイ戦を控えているため、メンバー構成が難しい状況だが、連勝し勢いがある。天皇杯2回戦はJFL松江シティとベストメンバーで対戦し、MF大島、MFエウシーニョ、FW大久保の得点で勝ちあがった(3-0)。

一方のサンガは、リーグ戦から中3日でのアウェイ戦となり、天皇杯後には中3日でアウェイ・横浜FC戦が待っている。だが、J1チームと戦えるチャンスに、選手たちのモチベーションは高い。

菅沼は「フロンターレとやれるのはめったにないチャンス。J2のレベルが上がってきていることを証明したい。ジュビロにいた時に何回か対戦したが、小林選手や(中村)憲剛選手はとてもレベルの高い選手。彼らに対してどういう守り方ができるのか、自分の成長を確かめる機会でもある」と、川崎自慢の攻撃力をゼロで抑えるべく最終ラインに立ちはだかる。

石丸監督は川崎のクオリティの高さを警戒しながらも、「こちらのほうが走れるのかなと楽しみな部分もある」と、選手たちに運動量を要求。石丸監督は愛媛FCで指揮を執った昨年、天皇杯3回戦で川崎から等々力で勝利を得ている(1-0)。

この川崎との一戦のメンバーには、昨年愛媛へ期限付き移籍していた原川もいた。原川はフル出場し、決勝点をアシスト。今対戦を前に、同世代でのマッチアップが予想されるMF大島とのかけひきも楽しみにしており、「またああいう勝利ができたら」と、等々力で3回戦突破の再現を狙う。

石丸監督は「もう一回、いい流れを作りたい」と勝利を奪いに等々力へ乗り込む。

川崎の攻撃を破り、ベスト16へ駒を進めたい。

 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会[3回戦]
日時
10月14日(水) 19:00キックオフ
対戦 川崎フロンターレ vs. 京都サンガF.C.
会場 「等々力陸上競技場」
【アクセス】  http://www.frontale.co.jp/tickets/watching_guide/
天皇杯3回戦・川崎フロンターレ戦。果たしてどのようなスタメンが名を連ねるのか!?(写真は2回戦・流通経済大学戦スタメン)
昨年は愛媛の一員として、等々力で川崎を破り、3回戦突破を決めている原川。MF大島(川崎F)とのU-22日本代表同士のマッチアップにも注目が集まる。
リーグ戦では5試合の出場にとどまっている石田。天皇杯でチャンスを掴み、リーグ戦につなげていきたい。

この記事をシェアする