ニュース

2012.02.12
トップチーム

2012鹿児島キャンプレポート(6日目)

鹿児島キャンプも6日目を迎えました。

この日は昨日までの寒さが一転、午前中から暖かな日差しに包まれ、ポカポカ陽気といえる絶好のお天気に恵まれた国分運動公園(霧島市)。 

キャンプインしてはじめて迎える週末ということもあり、練習場には200人近いファン、サポーターの皆さんが見学にお越しいただき、今キャンプ2試合目となるヴァンフォーレ甲府とのトレーニングマッチ(14:00@国分/45分×3本)が行われました。











前回の愛媛FC戦から何人かの先発メンバーを入れ替えて臨んだ甲府戦。試合は開始早々の1分に中央からドリブルで持ち込まれ、ミドルシュートを決められ先制点を許しますが、その後30分、左サイドで受けた福村選手が得意の左足から放ったシュートが見事に決まり、1-1の同点に追いつきます。しかし、メンバーを入れ替えて臨んだ3本目に失点を重ね、1-4と敗戦となりました。しかし、バヤリッツァ選手をはじめ、新加入選手たちが随所で好プレーを見せ、課題とともに大きな手応えをつかむことのできた一戦だったように思います。






 
大木監督
「悪くはなかったと思いますけど、3本目に3点とられているわけですし、こちらの思うようにはならなかったですね。やはり人数を増やさないと点はとれない。一つひとつのプレーの精度をあげていく必要があると思います」

試合後は大木監督が今シーズンから甲府の監督に就任した城福監督と話し込む場面も見られ、また元甲府の秋本選手や倉貫選手が元チームメイトたちと旧交を温めていました。

★お知らせ★
キャンプ期間中、選手が宿泊している「ホテル京セラ」様ではサンガサポーター様向けに、お得な宿泊プランキャンペーンを展開中です。このプランは選手と同じホテルに宿泊でき、練習場となる国分運動公園までの無料送迎付きという大変便利でお得なプランです。キャンプの見学をお考えの皆様、ぜひご利用下さい。詳しくはこちら

この記事をシェアする