ニュース

2011.10.23
試合情報

【J2第18節 vs横浜FCプレビュー】今季初の3連勝を狙え!

前節草津戦、試合の主導権を握ったのはサンガ。前半14分、中山の今季初ゴールで先制。同31分には今季初先発の鈴木が追加点を奪い、サンガペースで試合を展開。2点リードで折り返したが、好調で5位につけていた草津はそう簡単には勝たせてくれない。後半1分に1点を返されると、同17分には試合を振り出しに戻される。

だが、落胆する気持ちを見事に立て直し、伊藤が初先発でプロ初ゴールを挙げる。「1点差ではまだ安心できなかった」と伊藤が語るように、サンガは攻撃の手を緩めず、同41分、伊藤が追加点を挙げ、試合を決定づけた。

草津戦で待望のアウェイ勝利をつかみ、今季初の連勝を果たしたサンガ。

この戦いを続けることこそが、J1昇格へとつながる。

オフ明け、ベテランの鈴木が、「終わったことは忘れて、今は次の試合のことしか頭にない。次の試合に向けてしっかり準備したい」と語ったように、選手たちは、続く勝利に向けて気を緩めることなく、トレーニングに入った。

今節対戦するのは横浜FC。岸野靖之監督の下、昨季J2で6位。今季は、J2優勝を目指す。ここまで3勝2分6敗で17位。前節は上位の千葉と戦い、1-1のドローで、ここ3戦負けなし。今年44歳のキングカズは、ここ3試合連続でスタメン出場している。

サンガは、現在16位。前々節の大分戦では17歳の久保が2得点、前節の草津戦では、18歳の伊藤が2得点を挙げ、チームの勢いは上昇中。トレーニングでは、出場停止明けのドゥトラが出場へと猛烈アピールするなど、前線のスタメン争いも激化。今週は、ケガで離れていた工藤、アライール、安藤、宮吉などもグラウンドに元気な姿を見せた。チーム一丸となって、この勢いを止めることなく、勝点を伸ばしたいところだ。

プロ初ゴールを挙げたルーキーの伊藤は、「あのゲームは落としたらもったいなかったので、どうしても点を取りたかった。せっかく勝ちきって2連勝したので、満足することなく、3連勝して積上げていきたい」と語る。

大木監督は試合に向けて、「この2連勝をもっとすばらしいものにするのか、またやり直さなければならないのか、自分たちにかかっている」と気を引き締める。目指すは、3連勝。ホームで達成したい。

この記事をシェアする