ニュース

2011.10.23
試合情報

【J2第16節 vs大分プレビュー】目の前の一戦に集中!

前節鳥取戦は、前半終了間際にコーナーキックからのこぼれ球を拾われ失点。後半盛り返すものの、追加点を許してしまう。ロスタイムで久保の今季3点目で1点を返し、追加点をと急いだが、タイムアップ。サンガは、なかなか勝利を手にすることができず厳しい状況に立っている。

オフ明け、重たいムードのなか、大木監督は、ミーティングを短時間で済ませ、選手たちに体を動かすことに専念させ、チームの雰囲気を切り替えた。大木監督は、「これまでやってきたことを繰り返しやっていく」とブレることなく、練習に取り組んだ。

得点が奪えず苦しむサンガだが、水曜日の練習試合では、久保をはじめ、中村充、伊藤、金成勇ら前線の選手がしっかりと得点を挙げ、8-0で完封勝利。ケガで別メニュー調整をしていた秋本も45分間プレーし、実戦復帰。選手たちは目の前の一戦に向けて、トレーニングに集中している。

対戦する大分は、昨季J2で15位の成績。田坂和昭監督を迎え、若返ったチーム。アグレッシブなサッカーで、ひと桁順位を狙う。現在、2勝3分4敗で16位。前節は、札幌と対戦し、序盤で先制を許すものの大分ペースで試合を展開。しかし、得点を決めることができずに敗れ(0-1)、ここ3試合未勝利となっている。

一方のサンガ。鳥取戦後半に途中交代で出場し、何度も駆け上がり、試合の流れを変え、チャンスを作った伊藤。試合を振り返り、「僕が決めていれば・・・」と悔しさをにじませ、居残り練習を続ける。練習試合では今週もゴールを決め、連続ゴール中。プロ初ゴールに期待がかかる。

練習試合では、積極的に前に出て、ゴールをアシスト。果敢にシュートも打ち、着実に力をつけている酒井。「チームに勢いを与えられるプレーをしたい」と出場を目指してトレーニングに励んでいる。

若さあふれる両チームの対決。自信を持ち、サンガのサッカーをぶつけて勝利につなげたい。

この記事をシェアする