ニュース

2011.09.23
試合情報

【J2第29節vs富山プレビュー】アウェイ2連戦。連勝を狙う!

前節草津戦は、開始2分、伊藤のクロスに中山がヘディングで先制しリズムをつかむと、14分に宮吉からのボールを久保が追加点。さらに、その10分後に、再び久保がゴールを決め、リードを広げた。前半のうちに1点を返され、後半は草津ペースになるが、守護神水谷が、「自分のプレーでなんとかチームを勇気づけられたら(水谷)」と、苦しい時間帯でビッグセーブを見せる。苦しみながらも最後まで踏ん張り、3-1で勝利。勝点を30にし、順位を14位(暫定順位)に上げた。ここからアウェイ2連戦となるサンガの戦い。連勝を狙って、まずは富山に乗り込む。 

カターレ富山は、安間監督の下、ここまで7勝6分12敗の17位(暫定順位)。前回の初対戦(5/15@西京極)では、0-0で勝点を分け合った。富山はシステムを変更し、ここ5試合では3勝1分1敗と調子を上げてきている様子。前節はMF朝日とFW黒部のゴールで、上位の栃木から勝利を奪っている(2-1)。今季9ゴールをマークしている黒部とDF福田は今節出場停止となる。 

草津戦で約3ヶ月ぶりのゴールを得た久保は、これで今季7得点目をマーク。自身の目標10得点に手が届く勢い。「次も僕がゴールして勝利したい」と意気込んでいる。 

前節、試合後のゴール裏でバースディソングをサポーターから歌ってもらい、感激した伊藤。ゴールをアシストするなど勝利に貢献し、いい誕生日になった。さらに、「自分的にはアウェイのほうがコンディション調整しやすく、調子が上がる」と、アウェイ2連戦を前に笑顔で語った。 

富山戦に向けて入念なミーティングを行い準備してきた大木監督。戦いを前に、「富山は他のチームとは違う独自のスタイルを持っていて、非常に尊敬できる。うちは、FC東京戦で25分間自分たちのサッカーができた。それが前節の草津戦では45分できた。次は90分間続けられるようにもっていくだけ」とコメント。チームは連勝を目指して富山に乗り込む!

前節草津戦で2ゴールをあげた久保選手。2トップを組んだ宮吉選手とのコンビネーションについて「(ミヤくんは)僕のことを常に見ながらプレーしてくれるのでとてもやりやすい」と語る。
富山戦も水谷選手の気迫あふれるプレーに期待
今節富山戦も一丸で勝点3を奪いに行く!

この記事をシェアする