ニュース

2011.09.17
試合情報

【J2第28節vs草津】目の前の勝利に向けて集中!

前節F東京戦は、タレント揃いの相手に、前半11分、森下からの絶妙なスルーパスに宮吉が抜け出して先制点を奪う。いいリズムで試合を進めたサンガだったが、同31分に同点にされると、前半のうちに追加点を奪われる。ルーカスにハットトリックを決められ、大敗を喫してしまった。

この結果を大木監督は、「(前回対戦の)ホームの1―4よりはいい内容だった。選手たちのいこうとする気持ちはあったし、そこは認めてやりたい」と振り返り、攻守にわたってどうプレーするのか、選手たちにメッセージを伝え、トレーニングに入った。

今週水曜日の関西ステップアップリーグでは、久保が2ゴールの活躍。現在チームトップの5得点を挙げているものの、ここ数試合ゴールがなかっただけに待望のゴールとなった。この勢いでJリーグ戦でのゴールにも期待が高まる。

大敗のショックを切り替え、臨むのはホームで戦う草津戦。前回対戦では、中山・鈴木・伊藤(×2)のゴールでサンガが勝利している(4-2)。

草津は、ここまで10勝3分11敗、勝点33で11位(暫定順位)。7月末に大型CB柳川を期限付き移籍で補強し、DFラインを強化。前節は東京Vと対戦し、0-0のドロー。生え抜きMF櫻田は今節出場停止となる。

前節宮吉のゴールを演出した森下は、草津との対戦を前に、「外国人2トップの一発に注意しながら、みんなでボールを奪う意識をして、主導権を握って試合を展開したい」とコメント。

キャプテンマークを巻く中山は、「F東京戦は正直振り返りたくないが、F東京戦でうまくいかなかったことを草津戦でどうやるかが大切。もっとできると思うし、ピッチの中の選手がアクションを起こしていかないといけない。自分が引っ張っていければ」と草津戦に向かう。

前回対戦では、プロ初スタメンで初ゴールを含む2得点を挙げ、チームを2連勝に導いた伊藤。今節は自身の誕生日ということもあり、ぜひ得点を取って、サポーターとともに勝利を喜びたいところ。そして、F東京戦で先制点を挙げた宮吉が狙う連続ゴール。こんどこそ、ゴールをチームの勝利に結び付けたい。

「どんな状況でもサッカーを楽しむ気持ちを忘れてはいけない」と草津戦へ向けてコメントした中山選手。
途中出場が続くドゥトラ選手の爆発力に期待!
「大敗した後のゲームこそ大事。いつもより強い気持ちでゲームに入りたい」と引き締め直す安藤選手。

この記事をシェアする