ニュース

2009.01.26
トップチーム

加藤久監督からファン・サポーターの皆さんへメッセージ

24日は大変寒い中、多くの皆さんに「ファン感謝デー」にお越しいただいたことを感謝しています。

皆さんに実は報告があります。もうすでに多くの方がご存知かもしれませんが、その集いの最後に行われたエキシビジョンマッチのウォーミングアップ中に、私は右足のアキレス腱を負傷してしまいました。
近くにおられた方は「パーン」という音がして、私がひざまづいたので、何が起こったのだろうと思われたことでしょう。びっくりさせてしまい申し訳ありませんでした。
私も最初は誰かがふざけて後ろから倒れこんできたのだろうと、思わず後ろを振り返ったほどです。しかし、私の後ろにはだれもいませんでした。¨もしかしたら・・・¨と思い、私はすぐにクラブハウスで応急処置をして、京都市内のチームドクターの勤務する病院に向かいました。そこでMRI検査を受けたところ、案の定、アキレス腱がきれていました。しかし、チームドクターの先生がすぐに病院に駆けつけてくれ、負傷してから4時間後にはアキレス腱を縫合していただきました。本当に幸いでした。今はアキレス腱もしっかりつながった状態です。

そのような訳で、ファン、サポーターの皆さんにちゃんと挨拶をせずに会場をあとにしてしまったことをお許し下さい。本当に申し訳ありませんでした。
私はまず、皆さんに昨年の応援の御礼を言いたいと思っていました。苦しいときにチームを支えてくれた皆さんの力強い声援は我々の何よりの力になりました。J1残留を果たすことができたのも皆さんの声援のおかげです。心から感謝しています。

明日27日の午前中まで、縫合した傷の感染防止のために私はクラブにはいけません。しかし、昼からはまたグラウンドに立って選手と共に今年度のリーグ戦への準備を続けます。コーチや現場のスタッフ・フロントと力をあわせて昨年以上の力を出せるチームにしていきたいと思っています。
ファン、サポーターの皆さん、どうか今年も我々を支え続けてください。宜しくお願いします。

2009年1月26日 加藤久


この記事をシェアする