ニュース

2011.07.23
試合情報

【J2第22節 vs鳥栖】アウェイ連続勝利を狙え!

前節愛媛戦、互いに勝利がほしい一戦で勝利をつかんだのは、サンガ。前半5分、ドゥトラの2試合連続弾で先制すると、後半32分には、駒井がプロ初ゴールで試合を決定づけ、完封勝利を挙げた(2-0)。安定した戦いを見せ始めたサンガ、遠征が続く今節、引き続き、勝点3を京都に持ち帰りたい。

対戦するのは、鳥栖。ここまで6勝5分5敗の勝点23で9位。サンガとの前回対戦(5月4日@西京極)は、0-0のドロー。前節は、栃木と対戦し、0-0で引き分けている。FW豊田陽平は今季5得点をマークしているが、鳥栖は3戦連続無得点で、ここ4戦、勝利をつかめていない。

約2ヶ月ぶりにケガから復帰し試合出場を果たした宮吉は、一人少なくなった終盤には、ディフェンス面での役割も担い、数的不利の中、チームの完封勝利に貢献。今週のトレーニングでは、大きな声でリードし、ゴールへと向かう様子が目立った。帰ってきた宮吉のゴールへと続くパフォーマンスに期待がかかる。

そして、前節愛媛戦で、プロ初ゴールを決めた駒井。チームを勝利へと導くゴールであったことも合わせ、喜びもひとしお。「勝点3を取れて、応援してくれるサポーターに喜んでもらえて、いい仕事ができたと思う。ゴール裏で名前を呼んでもらうというのは、小さい頃から夢に見てきた光景なので、自分がやってもらってうれしかった。次も決めたいっていう気持ちになった」と、プロとしてゴールを挙げた喜びを語り、このゴールを自信に、今後のチャンスメイクにも期待が高まる。

大木監督は鳥栖戦に向けて、「鳥栖の印象は前回対戦のときと大きくは変わっていない。ロングボールが多く、運動量があり、守備が堅いチーム。上乗せした自分たちのよさを出して、勝利へと持っていきたい。遠くまで応援に来てくれるサポーターの皆さんの力は本当にありがたい。応援してくださる皆さんのために、いい試合をして、勝点3に向けて頑張っていきたい」と語る。

後半戦の巻き返しが期待されるサンガ。
サンガは勝点を積上げていかなければならない。今節も勝点3を目指して戦いに挑む。

前節愛媛戦で久々の公式戦出場を果たした宮吉選手鳥栖戦でもパフォーマンスにも注目!
2試合連続ゴール中のドゥトラ選手。「ゴールという形で今後もチームに貢献していきたい」と攻撃陣の中心を担います。
攻守のバランスをとる安藤選手。「アウェイだが絶対に勝点3をとりたい」とコメント。

この記事をシェアする