ニュース

2011.07.17
試合情報

【J2第21節 vs愛媛プレビュー】勝点を積み重ね、上へ

前節栃木戦は、前半15分に先制を許すが、最後まで諦めずに戦ったサンガ。試合終了間際、ドゥトラが自ら仕掛けて得たフリーキックのチャンスをきっちりと決め、大きな勝点1を得た。オフ明け、大木監督は選手たちに、「もう1ランク上に行こう」と声をかけた。勝点を積み重ね、上へ。

今週の練習試合では、宮吉が実戦復帰を果たした。後半に出場すると、試合終了間際にはゴールも決めた。そのほか、上里、金成勇、久保が得点を挙げてアピール。前節今季初ゴールを決めて勢いを増すドゥトラ、伊藤、中山などのコンディションもよく、前線のスタメン争いは激化している。

今週は、厳しい暑さのなか、ゴールへの意識と、課題のクロスへの対応などを強化。監督、選手ともに練習の手ごたえを感じている。試合では、トレーニングでやってきたことを90分間続けることが要求される。隙を与えず、勝点3を目指し、今節もチャレンジ精神を持ってぶつかる。

対戦するのは、初対戦となる愛媛FC。バルバリッチ監督の下、堅守を武器に、昨季は11位の成績を残している。ここまで6勝3分6敗で10位。前々節、前節と逆転負けをし、ここ4戦勝てていない。前線のFW齋藤とFWジョジマールが、久保と並んで今季5得点をマーク。前節札幌戦でワンチャンスを決めたFW石井の裏への飛び出しや両サイドバックからの攻撃参加にも警戒したい。

対戦を前に内藤は、「大学時代、共にプレーしていたDF前野選手がいるので、負けたくない。愛媛はいいチームだと思うので、アウェイで勝点3を取れれば大きい」とコメント。

GK水谷は、栃木戦を振り返り、「負けている状況のなか、初めてロスタイムで決めることができた。諦めない姿勢があったからこそ、ゴールが生まれた。僕たちは諦めていない。サポーターと一緒に頑張りたい」と力強く語った。

サンガは諦めず、チャレンジを積み重ねていく!
前節栃木戦、試合終了間際に同点弾を決めたドゥトラ選手。愛媛戦での活躍にも期待がかかる!
「僕たちはあきらめていない。サポーターと一緒に頑張りたい」と強い口調で愛媛戦へ向けて語った水谷選手
攻守においてカギを握るチョンウヨン選手のプレーにも注目!

この記事をシェアする