ニュース

2010.05.20
試合情報

【ナビスコカップ第3節vsC大阪プレビュー】予選突破に向け、西京極で勝点を積んで一歩前へ!

前節横浜FM戦では、ドゥトラの先制点、宮吉の同点弾で、敵地で勝点1を奪い、連敗をストップ。J1リーグは中断期間に入った。ここからは、代表選手不在でナビスコカップグループリーグが6月9日まで行われる。

サンガは、西京極でC大阪、名古屋、アウェイで新潟(暫定2位)、FC東京(暫定1位)と対戦する。ここまでの2試合を引き分けているサンガは、勝点2で暫定3位。予選突破に向けて、ホームゲームで勝点3を取り、一歩リードしたい。

今節対戦するのはC大阪。ナビスコカップでは、1戦しか戦っておらず、勝点0。Jリーグでは、勝点16で8位につける。前節神戸戦は、海外移籍のためラストゲームとなったMF香川がFKを決めて逆転勝利し、リーグ2連勝で勢いに乗っている。サンガとの前回対戦(Jリーグ第5節)では、MF乾とのコンビプレーで2得点を奪った香川。この香川の抜けたあとの攻撃陣の連係が鍵を握る。

一方のサンガは、前回対戦でJ初ゴールを決めた宮吉が横浜FM戦で貴重な同点ゴールを決め、絶好調。難しいゴールを決めた宮吉は、「うまく抑えられて、決められてよかった」とゴールの瞬間を振り返り、「連係面をもっと高めて勝利に貢献したい」とナビスコカップに向けても意欲が高い。

加藤監督は、「横浜FM戦では、途中出場した加藤と宮吉が、ゲームに勢いを与えてくれて、こちらが勝ちきる空気になった」と評価。試合翌日の関西ステップアップリーグ(C大阪戦)には、横浜FM戦にも出場した片岡や加藤がフル出場。暑く厳しいコンディションの中でも運動量豊富にプレーした。ベテランの鈴木もフル出場し、シュートがポストに当たるなど決定機を作った。結果は1−1のドロー。福村が初ゴールを挙げてアピールした。

試合を重ねるごとに高まる柳沢、ドゥトラ、ディエゴのコンビネーション。そして、若手の活躍が期待されるナビスコカップ。横浜FM戦でゲーム終盤、決定的なシュートを放った加藤は、「決めないといけない場面だった。一瞬、インサイドか、インステップで打つか迷って、力んでしまった」と悔んだが、「何かひとつタイトルを取りたい」とナビスコ予選突破に向け、トレーニングに気持ちを込める。

関西勢同士の対決。今度は、ホーム西京極で勝利を掴む!


5月22日(土)ナビスコカップ 第3節 vs C大阪
西京極総合運動公園陸上競技場 14時00分キックオフ!


*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
試合直前の選手・監督コメントをオフィシャル携帯サイトで公開中!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
トレーニングに励むチエゴ選手、C大阪戦でも攻守にわたる貢献を期待したい
ナビスコカップ初勝利をもぎ取りたい!!
今季3得点決めている角田誠選手。守備はもちろん、さらなるゴール量産に期待大

この記事をシェアする