ニュース

2010.04.22
試合情報

【J1第8節vs山形プレビュー】ホームで勝ち点3を積み上げろ!

先週は、仙台(ナビスコ杯2節)、東京(Jリーグ7節)と寒い中でのアウェイ戦が続いたサンガ。勝ち点3を取れるチャンスを惜しくも逃したが、アウェイの地で勝ち点1を得て、連敗を2でストップ。上昇ムードで迎えられるホーム戦、勝利への思いをぶつけ、サポーターと喜びを共にしたいところ。W杯での中断期間まで残る4試合、上位進出のため、勝ち点の積み上げをしておきたい。

今週のサンガは、休み明けに午前・午後共にフィジカルを中心としたメニューからスタート。先週は中日にナビスコ杯をはさみ、短いスパンで試合を重ねたことを考慮し、フィジカルトレーニングで少し緊張を解いた。トレーニングにはユースの選手も何人か呼び、宮吉に続く若き才能をチームに馴染ませステップを踏ませた。

今節、対戦するのはモンテディオ山形。J1、2年目の今季は、FW田代、MF増田、MF下村、DFキム クナンなど、各ポジションに高さのある即戦力を補強。厚みを増した戦力で、小林監督の下、引き続き守備をベースに10位以内を目指す。前節 横浜FM戦では、押し込まれながらも粘り強い守備でピンチをしのぐ。何度かチャンスも作ったが決めきれず、FKから失点し3試合ぶりの敗戦(0-1)となった。鹿島から新加入した田代は、すでにチームに馴染んでおり、今季3得点を挙げ存在感を示している。

前節、ゴールを決めた角田は「タイミングがつかめてきて、ゴールを決められそうな感覚がある。山形は守備が堅いイメージがあるが、今やっていることを続けて、チャンスを決めたい」と手ごたえを語り、好調をキープ。前節、悔しさをにじませた水本は「悔しさが残るが、次につながる試合だった。山形は全員がハードワークして隙を作らないチーム。うちもそれ以上に一体となって戦えばハードワークできる。ホームだし、無失点に抑えて勝つ試合をしたい」と、無失点勝利を目指す。

加藤監督は「リーグ中断までの4試合で勝ち点10を取れれば理想的。山形戦は、攻守のバランスをしっかりと保つことが勝利のポイントになる。相手のサッカーはあまり意識せず、自分たちのサッカーをテンポよくやれば十分にチャンスがある。相手を上回る粘り強さを出すことが重要。ホームなので勝ち点3を取るために戦う」と力強く語った。

ホームでの戦い。無失点で試合を決めたい。


4月24日(土)J1 第8節 vs 山形
西京極陸上競技場兼球技場 13時00分キックオフ!

*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV! 180ch 12:50〜
【録画】
KBS京都 34ch 19:00〜

《ラジオ放送予定》
【生中継】
KBS京都ラジオ 1143khz 13:00〜
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
試合直前の選手・監督コメントをオフィシャル携帯サイトで公開中!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
ホームでの戦い。勝ち点3獲得を目指す!
フィジカルトレーニングで連戦の緊張感を解きほぐした
トレーニングでは、疲れを感じさせない動きと明るさを見せたイレブン
キャプテン柳沢も時折り笑顔を見せた
高さを誇る山形を相手に、無失点勝利を狙う

この記事をシェアする