ニュース

2010.03.29
試合情報

【ナビスコカップ第1節vs大宮プレビュー】ナビスコカップ開幕! アグレッシブな戦いでタイトルを目指す!

第4節のサンガは、敵地で2回リードされながらも、3-2の逆転勝利に成功。一度も勝ったことのないヤマハスタジアムで勝ち点3を挙げ、サンガの進化を見せつけた。後半、決めた3得点は、ディエゴの3試合連続ゴール、柳沢の99得点目ゴール、そして中山のループシュートで冷静に決めた決勝ゴールと、どのゴールも印象に残る。昨季はアウェイで勝ちあぐね、「内弁慶」と言われ続けて悔しい思いをしたが、今季は早くもアウェイで勝ち星を獲得。諦めない戦いで二度も追いついて奪った敵地での勝ち点3は、この先の戦いに大きな意味をもたらす。サンガはこの勢いで、ナビスコカップの開幕を迎える。

磐田戦明け、チームはいいムードの中、試合組みは軽いダウンを行い、それ以外のメンバーは2部練習で汗を流した。ケガで調整中だったドゥトラが合流し、実戦練習にも参加。メンバー入りに期待がかかる。連勝のいい流れを途切れさせることなく、ナビスコ初戦を戦い、リーグ戦へとつなぎたいところだ。

J1全18チームが参加して行われる今大会、サンガはAグループで仙台、大宮、FC東京、新潟、名古屋、C大阪と対戦。7チーム総当たりで予選リーグが行われ、上位2チームが決勝トーナメントへと進出できる。サンガが最初に当たるのは、大宮。2011年優勝へ向けて、今季は両サイドとディフェンス、ボランチを中心に補強し、5位以上を目指す。

開幕以来、一丸となって闘病中の塚本に熱いエールを送る戦いを見せてきた大宮。日曜日にJリーグ第4節を戦い、中2日で西京極に乗り込んでくる。4節では退場者を出す試合となり、FC東京に0-2で敗退。一発退場となったMFアン ヨンハは、今節出場停止となる。

古巣との初対戦となる片岡は、「楽しみにしていたし、元気な姿を大宮のサポーターにも見せたい。今はサンガの一員なので、サンガの勝利のために精一杯戦う」とコメント。何としてもポジションを獲得して、かつての仲間とピッチで対戦し、結果を残したいという思いがある。

磐田戦、ロスタイムで決勝点を挙げた中山は「点を取りたい気持ちが強かった。2回追いつけたとき、いけるなと思った。引き分けで満足しないで点を狙いにいったら、あのゴールにつながった」と振り返る。先行されても、ひっくり返せるという気持ちの強さや余裕が見られ、戦い方の手ごたえをつかみつつあるサンガ。そこには、終盤になっても落ちない運動量が発揮されている。

加藤監督は、ナビスコカップをこう位置づけた。「どこのチームもリーグ戦が一番大事だが、ACLに出ているチームは、ACLもナビスコも天皇杯もタイトルを目指し、何冠でもする。サンガもその仲間入りをしなければいけない。若手選手のチャンスは広がる大会だが、その中でタイトルにチャレンジしたい」。

ナビスコ初戦、アグレッシブにタイトルを目指して戦うサンガの熱いチャレンジが始まる!

ナビスコカップ初戦 3月31日(水)西京極 19時キックオフ!


*********************************************
《テレビ放送予定》
なし
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
試合直前の選手・監督コメントをオフィシャル携帯サイトで公開中!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
ナビスコ杯の舞台は、若手選手にとって大きなチャンスとなる
左サイドでの活躍が期待される中村太亮選手。
ナビスコ杯開幕に向け、全体練習で汗を流すイレブン

この記事をシェアする