ニュース

2010.03.25
試合情報

【J1第4節vs磐田プレビュー】前節の勢いそのままに、敵地で連勝をねらう!

前節、ホーム・西京極で行なわれた仙台との一戦で待望の今季初勝利を挙げたサンガ。第2節で王者鹿島相手に先制されながらも終盤に同点に追いついた粘り強さは、仙台との試合でも発揮された。前半早々に角田のゴールで先制したサンガは、警戒していたセットプレーから仙台の中原にゴールを許し、前半のうちに同点にされてしまう。しかし、後半に入りディエゴが勝ち越しゴールを奪うと、その後は追加点こそ奪えなかったものの、相手の反撃を抑えて白星。試合後「今日の勝ち点は大きかった」と語った加藤監督は、今季初勝利に安堵した様子を見せた。

西京極でサポーターに歓喜の勝利をプレゼントしたこの試合、攻守に目立つ活躍を遂げたのは今季初先発となった角田だった。ボランチの位置に入ると前半6分には、同じく今季初先発となった渡邉の右クロスから先制点となるヘッドを叩き込み、チームに勢いをもたらす。その後も攻撃では「2点目も取りにいきましたが、ゴールポストに当たってしまい残念でした」(角田)と、惜しい場面を演出した一方、守備では中盤のスペースをうまく消し、食い下がる仙台攻撃陣を抑えフル出場。まさに攻守にわたり勝利を呼び込む活躍を見せ、次節に向けて、チームによい流れを作り出した。

この勢いを得て迎える第4節、サンガはアウェイで磐田との一戦に臨む。その磐田は前節名古屋と対戦し0-2で敗戦を喫したことで、今季1分2敗といまだ勝利がない。ホームでは是が非でも初勝利が欲しい磐田にとって、最大の武器は前線に構えるFW前田遼一、イ グノの2トップだ。ここまで両者ともにゴールはないものの、昨季の前田は20得点を記録しJ1得点王に。一方、韓国代表としても活躍するイ グノも12得点を挙げ、その決定力は実証済みである。

サンガにとって、この2トップを抑えることができるかが勝利に向けたひとつのポイントとなる。仙台との一戦では、GK水谷の好セーブもあったが「鹿島戦のときのように一発で裏というのはなかった」と水本が手応えを語ったように、DF陣に安定さが増してきていることも事実。磐田との一戦でも、そのパフォーマンスが見られることに期待したい。

過去10戦で1分9敗と、磐田のホーム・ヤマハスタジアムはサンガにとって鬼門とも言える場所だ。しかし、だからといってネガティブになるわけにはいかない。チームには今季、「ACL出場権獲得」という目標がある。この関門を突破し、勝利をもぎ取った先には、さらにたくましさを増したサンガがいるに違いない。


3月27日(土)J1 第4節 vs 磐田
ヤマハスタジアム 16時00分キックオフ!
*********************************************
《テレビ放送予定》
【生中継】
スカイパーフェクTV! 181ch 15:50〜
*********************************************
試合当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
試合直前の選手・監督コメントをオフィシャル携帯サイトで公開中!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
磐田攻略へ向け、トレーニングに励む選手たち
仙台戦、初先発ながら攻守に出色のパフォーマンスを見せた角田誠選手
前節の先制点を演出した渡邉大剛選手。磐田戦でも質の高いクロスを見たい
すでに守備の中心となっている郭泰輝選手。磐田戦では水本選手とともに堅陣を築きたい
ケガから復帰し、チーム練習に合流したドゥトラ選手。公式戦出場もいよいよか

この記事をシェアする