ニュース

2008.11.07
試合情報

【J1第31節vs横浜FMプレビュー】あと、4試合。アウェイでも獲る!

残すは、横浜FM(現在10位)、名古屋(2位)、大宮(15位)、清水(8位)との対戦。サンガは現在12位。明日は勝ち点差2の横浜F・マリノスと戦う。強豪だが勝たなければならない相手だ。勝てばマリノスより上に行け、この試合に勝利する意味は大きい。

サンガは、前節の東京V戦(0-0)で貴重な勝ち点1を獲得。天皇杯では安藤・西野・林がゴールし、3-0の快勝で5回戦進出を決めた。2試合続けて無失点で抑えたことで自信を取り戻し、チームは厳しいフィジカルトレーニングの合間にも笑みがこぼれる明るい雰囲気。勝った試合の中からも課題を見つけ、トレーニングで修正した。残り4試合に向け、いい状態で調整が進んでいる。上り調子でマリノス戦を迎えられる今節、持てる力を発揮できる楽しみな一戦になる。

マリノスは、成績不振による監督交代で、7月14日に就任した木村浩吉新監督が指揮を執り、安定した堅い守りで8試合無敗と盛り返してきている。
鴨池で行われた5月の前回対戦では、1-0でサンガが勝利。田原がチャンスを作ったシーンが思い出される。
加藤監督は日本代表のDF中澤の存在はもちろん、前節柏戦で2得点1アシストの好調ぶりでチームの中心となりつつあるMF狩野や、天皇杯札幌戦でプロ初得点を決めた運動量豊富なMF兵藤慎剛など、若手のパフォーマンスを警戒点として挙げた。そこにいかに圧力をかけられるかがポイントとなる。監督は、「アウェイだが、攻撃的なサッカーをしたい」と積極的に勝ち点を奪いにいく姿勢を示し、「セットプレーでも、高さではうちも負けていない」と自信を語った。ひとつひとつの局面で、厳しい戦いが繰り広げられる目の離せない試合になるだろう。

ここまでフル出場を続けている渡邉は、「体のケアを一番に考えて、体調管理にはいつもより気をつけている。マリノスは伝統も実力もあるチームなのでしっかりとした戦いをしないと。我慢比べになるだろうけど、強い気持ちで勝つことにこだわりたい」とコメント。

天皇杯でゴールを決めた西野は、「ゴールを決めて嬉しかったけど、あんまり浸ってはいられない。もっと練習で形にして、試合にしっかり入ることが大事だと思う」と次のゴールを狙っている。
古巣マリノスについて田原は、「マリノスには、佑二さん(中澤)はじめ代表クラスの選手や、代表を経験した選手がたくさんいる。残留争いをしているのがおかしいぐらいで、何かしら最後にしてくるチーム。そのきっかけをうちが作らないように叩いておかないといけない一戦」と勝利への強い気持ちを表した。

残留に関わる大事な一戦。
11月8日(土)日産スタジアム 13時キックオフ!


*********************************************
◆試合:
2008Jリーグディビジョン1第31節
横浜F・マリノス vs 京都サンガF.C.

◆日時:
2008年11月8日(土)13:00キックオフ

◆会場・チケット:
日産スタジアム>>>
チケットガイド>>>
日産スタジアムご来場のビジターサポーターの皆様へ>>>

*********************************************
当日、観戦できない方は『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』で試合情報をチェック!!
臨場感に溢れた文字速報を試合開始から終了まで配信。気になる最新の試合情報や、監督・選手コメント、試合のハイライト写真なども毎試合お届けしています。また、試合中には試合速報メールも配信中!これで外出先でもサンガの試合情報を逃さずゲットできます!
★『京都サンガF.C.オフィシャル携帯サイト』へのアクセス方法はこちら>>>
*********************************************
広い守備範囲で2試合連続無失点に抑えた水谷選手。「自信を持ってマリノス戦に臨める」と士気が高い
「相手に負けないように気持ちを出して、積極的に得点に絡んでいきたい」と語る宮吉選手
豊富な経験で、落ち着いた守備を見せる手島選手。セットプレーでの活躍にも期待!

この記事をシェアする