ニュース

2008.05.30
試合情報

【ナビスコカップ第5節vs名古屋プレビュー】決勝トーナメント進出を賭けて、首位名古屋と対決!

 前節のナビスコカップ第4節ヴィッセル神戸戦は、後半27分にカウンター攻撃を受け失点し、0-1のまま得点できずに悔しい敗戦となった。現在、サンガは、勝点5でグループ3位。明日勝利することで、名古屋との勝ち点差は1となり、決勝トーナメント進出へのチャンスが広がる。増嶋が「予選リーグ突破のために、明日は絶対勝ちたい」と気合を入れるなど、選手一人ひとりが、試合に出られない選手たちの分も責任を負って戦う。

 明日対戦する名古屋グランパスは、ナビスコカップでは3勝1敗で現在グループ首位、リーグ戦でも8勝2分3敗(勝点26)で2位につけ好調を維持している。前節も浦和相手に4-2で勝利を収めており、その勢いは止まらない。だが、名古屋との今季の戦績は1勝1分。サンガにとっては相性のいい相手だ。そして、今節名古屋はディフェンスの要であるDFバヤリッツァを出場停止で欠く。

 加藤監督は、「名古屋は引き分けでも十分だが、うちは勝ち点3を取らないといけない。天候にもよるが、高い位置からボールを取りにいきたい」と語る。攻撃の形を作れているサンガとしては、しっかりとゴールに結びつけ、勝利を手にしたい。

 渡邉は、「名古屋はサイドバックの選手が上がってくるけど、ディフェンス陣は集中してゼロ(無失点)に抑えたい。一人ひとりのアイデアや攻守の切り替えの早さを大事にして、チームメイトとも意思疎通を積極的に図っていきたいと思う。あと、セットプレーのチャンスも必ず出てくると思うので、リスクマネージメントを考えながら、しっかりと戦いたい」と勝利へのイメージを語った。

 明日は決勝トーナメント進出を懸けての大事な試合。名古屋戦は西京極で午後2時にキックオフ!負けの許されない、ホームで何としても勝利を挙げたい一戦。
明日は西京極でスマイルを!!
前回の名古屋戦でサンガ移籍後初ゴールを挙げたアタリバ選手に期待!
セットプレーや得意のロングスローでチャンスメイクにも期待がかかる増嶋選手
西京極でファンに捧げるゴールを演出したい柳沢選手

この記事をシェアする