ニュース

2022.09.28
クラブ

サンガを応援して下さる全ての皆様へ

ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、各行政および地域の皆様、そして、クラブを支えて下さる団体、その他すべての関係者の皆様、日頃より京都サンガF.C.にご支援、ご声援を頂き誠にありがとうございます。

 

今シーズン、サンガは12年ぶりとなるJ1の舞台でたくさんの方々のお力添えを頂き、全力で戦い続けています。しかし、多くの好ゲームを展開しながらも、ここまでの戦いにおいて充分な勝点を積み重ねることが出来ておらず、皆様にも大変なご心配をおかけしていることと思います。

今、目の前の現実に真摯に向き合い、何としてもJ1に残留することが我々の最大の使命であり、サンガの未来への責任だと考えています。

そして、今年、J1残留を成し遂げることによって、皆様とともに歩むべき新たなアドベンチャーの道が大きく拓けることを確信しています。

 

曺監督を筆頭に選手たちも何とかこの状況を打破すべく、懸命に努力し戦い続けています。

シュートの決定力、身体を投げ出すディフェンス、最後まであきらめない精神力、コンディショニング、曺監督の采配、全て勝利のために必要な力です。

しかし、今の我々にとって、さらに必要な大きな力とは何か、それは、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、行政や地域の皆様、その他すべての関係者の皆様、そして、選手、スタッフ、フロント一人ひとりに至るまで、思いを一つに戦うことであると考えております。

これまでも皆様から温かいご支援やご声援、また力強い励ましをいただいてまいりましたが、この難局を突破するために、これまでにも増しての応援や声援、全員の手拍子でチームに力を与えてくださることを切にお願いいたします。

 

今シーズン残り5試合となりましたが、皆様とともに“心を一つに”戦い抜くことで残留という使命を必ずや達成できるものと確信しています。クラブとしても皆様への感謝の思いを胸に懸命に戦います。皆様も最後までサンガと共に戦って下さい。そして、その先にある新しい未来へのアドベンチャーを共に歩みましょう。

 

株式会社京都パープルサンガ

代表取締役社長 伊藤 雅章

この記事をシェアする