ニュース

2020.11.08
クラブ

トップチーム選手(1名)の新型コロナウイルス感染症の検査結果について【19:00追記/陽性判定について】

11月6日(金)に実施した、Jリーグが提供する新型コロナウイルス感染症に関する公式検査(Jリーグ公式検査)にて、トップチーム所属の加藤順大選手に対し、陽性の可能性が高い検査結果が出たことが確認されましたのでお知らせいたします。現時点で、本人は無症状です。また現在クラブ内に、体調不良を訴えるものはおらず、同日に実施したJリーグ公式検査で当該選手を除く、チームスタッフ、選手全員陰性であることが確認されております。今後に関しては、保健所の指導に則って適宜対応してまいります。

 

■経過・症状

11月3日(火)チーム活動参加(体温36.4℃)

11月4日(水)チーム活動参加(体温36.5℃)、J2第31節岡山戦メンバーには入っておりません

11月5日(木)チーム活動参加(体温36.5℃)

11月6日(金)チーム活動参加(体温36.4℃)、Jリーグ公式検査を実施

11月7日(土)チーム活動参加(体温36.6℃)、夜に陽性の可能性が高い検査結果

11月8日(日)自宅待機(体温36.5℃)

※11月5日以降、既往症として季節性アレルギー症状があるものの、発熱や倦怠感などの感冒の症状はなし。

 

本日11月8日(日)アウェイで開催が予定されております、2020明治安田生命J2リーグ第32節 栃木SC vs 京都サンガF.C.に関しましては、Jリーグとの協議により、Jリーグ独自の濃厚接触疑いの基準に照らし合わせ、濃厚接触疑い者はないと認定されましたので、当該選手を除き、試合が開催されます。

 

弊クラブでは感染予防・拡大の防止に向けた取り組みを実施しておりますが、ファン、サポーターの皆様、お取引様、選手及びクラブスタッフならびにそのご家族の健康維持を最優先に考え、引き続き、政府や京都府及びJリーグの方針、ガイドラインに基づき、更なる対策の強化に努めてまいります。

 

【11月8日19:00追記】

保健所の指示に則り、本日(11/8)京都府内の病院にてPCR検査を受けた結果、陽性判定となりました。今後に関しては、保健所の指導に則って適宜対応してまいります。

この記事をシェアする