ニュース

2020.10.08
スポンサー

KDDIと京都サンガF.C.、5Gを活用した新たなサッカー観戦体験の創出に向け連携~10月18日「au 5G スペシャルデー」で5Gを活用しサポーターの熱量を大型ビジョンに表示~

KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)と株式会社京都パープルサンガ(本社:京都府京都市、代表取締役社長:伊藤 雅章、以下 京都パープルサンガ)は、2020年10月18日から、KDDIが有する5Gや先端テクノロジーを京都サンガF.C.のホームスタジアムやファンコミュニケーションの仕組みに組み込み、新たなサッカー観戦体験を創出していきます。

 

 

両社は、「サンガスタジアム by KYOCERA」(以下、スタジアム)に5G基地局を設置するほか、2020年10月16日から「京都サンガF.C.アプリ」(以下、本アプリ)を提供開始します。
また、2020年10月18日に実施する京都サンガF.C.ホームゲーム「au 5G スペシャルデー」において、サポーターが本アプリ上でタップを繰り返すと、5G(注1)を通じてその応援の熱量がスタジアム内の大型ビジョンに可視化されるインタラクティブな演出を提供します。

 

さらに、本アプリにはスタジアムの飲食物を現地で並ばずに購入できる事前予約機能や、スタジアム周辺の混雑状況が確認できる機能を搭載します。

 

今後も両社は、スタジアム内外のDX促進をするとともに周辺地域のソーシャルディスタンス確保を促進し、より安心・安全なサッカー観戦体験の提供に取り組んでいきます。

 

■「京都サンガF.C.アプリ」について

2020年10月16日から、アプリの提供開始に合わせ、以下のコンテンツを提供します。

 

1.サポーター参加型応援演出「TAP! GO! SANGA!」

試合前にスタジアム内のサポーターのスマートフォンから本アプリ上でタップを繰り返すと、5G(注1)を通じてサポーターの応援・熱量がリアルタイムにスタジアム内の大型ビジョンおよびLEDパネルに届けられ、演出がインタラクティブに変化します。スタジアム来場者全員で選手を応援可能な参加型演出です。

 

 

2.モバイルオーダー機能「スタグル モバイルオーダー」

モバイルオーダーシステム(注2)を通じて、スタジアムグルメの受取り予約が可能です。

 

3.スタジアム周辺地域の混雑状況確認

JR亀岡駅周辺とスタジアムの北出入口に設置したカメラ(注3)を通して駅からスタジアムまでの混雑状況をアプリで確認できます。

 

 

(注1)5G対応のスマートフォンのご利用を推奨しますが、4G LTEスマートフォンでもご利用いただけます。
(注2)Okage株式会社が提供するモバイルオーダー&ペイシステム「Okage Go」をベースに、KDDI株式会社とOkage株式会社が共同で開発したシステムです。
(注3)株式会社オプティムが提供するOPTiM AI Camera「with コロナソリューション」の「混雑状況匿名化表示」機能を利用しています。

 

☆試合当日のイベント情報は決定次第ご案内いたします。

この記事をシェアする