ニュース

2019.12.11
ホームタウン

【サンガ日記】12/8(日)「第5回京都亀岡ハーフマラソン」に参加しました!

12月8日(日)、地域密着活動の一環として、来シーズンからのホームゲーム開催地である亀岡市の「第5回京都亀岡ハーフマラソン」にパーサくんと弊社取締役の松永が参加しました。

亀岡ハーフマラソンは、「2018全国ランニング大会100選」に認定されており、2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主役である明智光秀ゆかりの「湯の花温泉」の近くを走るマラソン大会です。

スタート・フィニッシュ地点である亀岡運動公園競技場には、早朝から短距離ロードレースや親子ジョギングなどを含め総勢約3,400名のランナーの他、約700名の運営スタッフ、ボランティアスタッフの皆様が集まりました。

 

 

大会会長である亀岡市の桂川孝裕市長の開会挨拶の際には各地のキャラクターが勢ぞろい。今回はゲストランナーとして京都府出身で2003年の世界陸上マラソン競技で銅メダルにも輝いた千葉真子さんが参加!

 

 

スタート時にパーサくんがお見送りをしました。ランナーとハイタッチ!

 

 

ハーフマラソン終了後は、地元産物・飲食物等の販売が行われた、にぎわい広場にてランナーや子どもたちとふれあいを行いました。

 

ランナーの皆さんをはじめ、大会実行委員ならびにボランティアスタッフの皆様お疲れ様でした。

京都サンガF.C.では、スポーツを通じた地域の活性化に寄与するため、これからも地域貢献活動を積極的に行ってまいります。

この記事をシェアする